千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年07月12日 (火) | 編集 |
一昨年、某市で行なわれた地域ねこ活動。

猫は総勢30匹。
子猫がジャンジャン生まれている状況でした。

町会役員も交えて話し合いが持たれましたが、
町会は活動の主体とはなりませんでした。

それでも住民たちは諦めずに、
住民たちで集まり、何度も何度も話し合い、
2つのエサやり現場の猫を
住民たちの力で活動を進めて行くことにしました。

IMG_4946.jpg

ふなねこは県の保健所と共に、住民会議に出席し、
地域ねこ活動の考え方、実践方法などをお話ししました。

手術費用はエサやりさんや住民からのカンパを集めました。
足りない分は、市の不妊去勢手術の助成を受けながら、
すべてのTNRを住民の手で行ないました。

エサやりもルールを決めて、
トイレの清掃も頑張っていただくことになりました。


そんな地域から、新たな相談が入りました。

「お陰様で、うちの現場の猫たちは少なくなってきたけれど、
少し離れた@さんの家で、猫が増えている。
こちらに流れてきたら大変・・・。困っている」と。

@さんは一昨年の町会の集まりにも参加せず、
「自分でTNRする!」と言っていたそうです。

しかし蓋を開けてみれば約束は守られず
子猫が増えていると言うことでした。

そこで県の保健所に連絡し、@さんの家の様子を知らせると同時に
保健所としても調べるようお願いしました。

@さんのお宅では、やはり子猫が生まれていて
2匹のメスが8匹の子猫を産んだとのこと・・・。

「@さんは手術費用は出せるけど、
 TNRするだけの体力がない・・・と言ってます」
・・・と保健所からの報告。

このまま放っておいたら、一昨年の苦労が水の泡になりかねません。

早速、相談を寄せてくださった方とご近所の方2名(計3名)と一緒に、
@さんのお宅に行ってきました。

20160712_011011452_iOS.jpg
(2匹の子猫が居るのが見えますか?)

やせ細った母猫が2匹、子猫がウロチョロ・・・。

@さん自身も一人で何匹かTNRしてくれていたようなのですが、
猫の繁殖スピードに追い付かず、
今回2匹の母猫が合計8匹産んでしまったのです。

個人でTNRすることに限界を感じたとのことです。

一緒に現場を見に来たご近所3名さん(一昨年、活動を頑張ってくださった方々)が、
「やっぱり町会でなんとなかしてくれないと、
 私らの手には負えないね!もう限界だわね。
 うちらから町会にもう一回プッシュしてみるから!」
と言ってくれました。

活動は点ではなく、線、
そして面へ。


活動家さん(ボランティアさん)地域住民、みんな年を取ってきました。

一日でも早く解決するためには、
点ではなく面で活動を広げていかなければ、
効果的ではありません。

この事例は、その典型的な例だと思います。

ここも高齢者ばかりの地域。

ふなねこは、@さんやご近所さんと協力しながら、
とりあえず2匹の母猫の捕獲をしました。

子猫たちが手術できるようになる頃までには、
この町会が活動に取り組むか否か、
返事をもらうことになっています。

20160429_014815297_iOS.jpg

@さんも、早く手術してくれていれば、
8匹分の手術費・エサ代もかからなかったし、
近所からの苦情もなかったのにな~~。

(´・ω・`) ・・・。

2016年05月28日 (土) | 編集 |
私は市内のAという地域に住んでいます。
かなりの人口密集地です。

Aには20近くの町会があります。
A地域で「地域ねこ活動しているほとんど人」と知り合いです。

日々、いろんな情報交換をしています。

私は、A地域で見かけた猫は、
出来るだけ写真を撮るようにしています。

後に資料として役立つことが多いからです。

そして猫の遺体を見つけたときも
(または通報を受け、引き取りに行ったときも)
出来る限り、その遺体の写真を撮ります。

亡骸の写真撮影は不謹慎かもしれませんが、
その写真があったお陰で
「地域ねこ」と「その猫を世話してくれていた人」が
最後のお別れをすることができた・・・
と言う経験が何度かありました。

亡骸を世話してくれている人に引き渡すこともありますし、
すでに火葬されてしまった後に、世話人が判明し、
「亡骸の写真」を見せて、報告だけすることもあります。

「最後まで見届ける事ができて良かった」と皆さん、おっしゃいます。
_____________________


見るのがつらい写真が、以下に表示されます。
(血は処理してあります)
申し訳ありません。



↓↓↓




kinakoiOS.jpg

この写真は、5月初旬に我が家に持ち込まれた猫の遺体です。
近所のおじさんが処理に困ったということで、持ち込んできました。

頭の損傷が激しく、頭部の写真は撮影しませんでしたが
柄のわかる背中などを撮影しておきました。

おじさんが「どこで」収容したのか、はっきりわからなかったため、
私も「どこの」猫かわからずに居ました。
とりあえず写真だけは保存しておきました。



すると、しばらく経った5月半ば
「世話している猫が5月の初旬から来なくなってしまった」との
相談が入りました。

その子は地域ねこの「きなこ」。
食いしん坊でご飯の時には、他の猫に唸り声をあげ、
威嚇するほどの気の強いメス猫でした。

私は「きなこ」の事はうっすら覚えていました。


きなこは・・・確か・・・薄い色の三毛猫・・・。

薄い色・・・

三毛・・・

はっ!!!薄い色の三毛!?

慌てて以前、Zさんが送ってくれた写真を見ました。

kinako_iOS.jpg
(生前、手術直前のきなこ)

その姿を見て、先日おじさんが持ってきてくれた薄い色の三毛と
同じ柄である事がわかりました。

Zさんに遺体の写真を見せ、きなこである事を確認してもらいました。

「どこに行ったのか心配していました。悲しいです・・・。
 でも見送ることができて良かった」と。


きなこのためにも、Zさんのためにも
写真を撮っておいて良かったと思いました。

動物愛護の気持ちから地域ねこ活動をしているボランティアさんは皆、
できれば家で飼ってあげたいと思っているけれど、
事情があって家では飼えない・・・
だからこそ地域ねこ活動をしている方ばかりです。

外で暮らしていても、
せめて地域の人たちに忌み嫌われないように
毎日毎日、お世話をしています。

そんな子が、ある日突然、目の前から消えてしまったら
とても心配して、ご飯がのどを通らなくなる人も居ます。

毎日いなくなった猫を探し回る人も居ます。

そんな状況を知っている私は、これからも
猫の遺体と向き合い、写真を撮影しようと思っています。

最後のお別れができるようにと願っています。
2016年04月27日 (水) | 編集 |
ある現場の地域ねこが亡くなりました。

20150511_062428321_iOS.jpg

その猫の名は「星子」。
短い尾がチャームポイントでした。

地域でボランティアさんのみならず、
多くの住民の方々に愛された猫でした。

TNRの際にはふなねこもお手伝いしました。
一番最後まで残った強者でした。

3月に体調を崩し、4月25日に亡くなりました。

星子を保護して最期まで看取ってくれたボランティアさんと
何年もの間、星子を外で世話してきたボランティアさんと
3人で星子を送り出す(火葬する)ことにしました。

今までは遠くの斎場に持ち込んでいたのですが、
船橋市に良い斎場があるとの紹介を受け、
「船橋ペット斎場」に行きました。

「この子は地域ねこなんです」と告げると、
オーナー様は「外の猫ちゃん達のお世話、大変でしょう」と労ってくださり
飼い猫さんと同等に扱ってくださいました。

オーナー様は外の猫たちに心を寄せてくださっていて、
「こうして最期までお世話された猫ちゃんは幸せですね。
これからも頑張ってください」と、
星子の面倒を見たボランティアさんに
「エサ代でもなんでも構いません。使ってください」と
ご寄付までくださいました。

(星子の現場にはまだ6匹の地域ねこが居ます。
 その子たちに医療費に使わせていただくことになりました)


ここまで外の猫の事を思ってくださる船橋ペット斎場様に
ボランティアと一緒に恐縮しきりでした。

20160426_031446398_iOS.jpg

綺麗な棺に入れていただき、お花まで添えてくださり、
星子はお骨になりました。

地域ねこが旅立ったとき、今後も船橋ペット斎場様に
お世話になろうと、その現場のボランティアさん達と話しました。

地域ねこが亡くなったとき、どのように送り出すかは
それぞれのボランティアさんのお考えがあると思います。

地域ねこを「火葬したい、共同墓地に入れたい」と思われるボランティアさんが
いらっしゃいましたら、ふなねこにお電話ください。

ふなねこから船橋ペット斎場様をご紹介いたします。
飼い猫は直接、船橋ペット斎場様にお問合せください)

★なお、ふなねこは船橋ペット斎場さんとは一切利害関係になく、
  今後のご紹介に対する斎場さんからふなねこ側への利益提供も一切ございません。
  あくまでもオーナー様の外猫へのご厚意に対する
  ふなねこの感謝の気持ちから自主的に発したものです。


星子を無事送り届けるまで、毎日お世話してくださっていたボランティアさん、
行き場のない星子を最期まで看取ってくださったボランティアさん、
星子を手厚く送り出してくださった船橋ペット斎場様、
長年星子を見守ってくださっていた地域住民の皆様、
今まで星子を可愛がってくださり、誠に有難うございました。

残る6匹の事も、今後とも宜しくお願い致します。

20160402_060913851_iOS.jpg
【残る6匹のうちの「サンちゃん」と「サッカー」】
2016年02月24日 (水) | 編集 |
久々のふなねこです。

このブログは、千葉県地域ねこ活動連合協議会のメンバーである団体の
特色がよく表れたブログになっていて、面白いブログになったなーと
思っています。(自画自賛ですみません)
読者の皆様はどう思われますか?(^^)

20160119_075702467_iOS (600x800)

(↑↑ふなねこで保護していた子猫。無事に素敵なご家族に譲渡できました)

さて「ふなねこ」の近況です。

春が近くなってくると相談は一気に増えてきます。

最近続いているのが・・・
「本気で解決したいと思って相談してくる高齢者」さんからのSOS。

今までは「お金がない」「車がない」
「近所は冷たい人ばかりだからどうにもできない」
「体力がない」・・・だから何にもできない、団体でなんとかしてくれという
高齢者さんからの相談が多かったのですが、
このところお会いする相談者さん達は、
「できないことが多いからこそ、地域の人や団体にSOSした。
だけど自分でできる事は頑張ってやってみる!」
という方が多かったです。

その方々も、それまでずっと一人で問題を抱え込んでいたけれど、
「このままじゃいけない」と気づいてくれて、
周りの人間(団体)にSOSを発したんだと思います。

20160111_091741482_iOS (600x800)


ある地域の高齢者(お爺さん)のケースです。

一人でエサをやり続けていたけれど
猫は増えてきてしまったし、苦情も出てきたということで
ふなねこと自治会にSOS してきました。

このお爺さんと他の相談者の違いは「自治会にSOS」したことです。

苦情を言われて頑なになる人が多い中、
お爺さんは勇気をもって自治会にSOS。

結果、それが良かった!(^^)/

ふなねことお爺さんは役員会に出席し、
役員の皆さんに窮状を訴えました。

野良猫問題をお爺さん個人の問題ととらえず、
「地域の問題だ!なんとかしなきゃ」と考えてくださった役員さん達は
すぐに地域ねこ活動に同意してくれました。

お爺さんを中心に、地域ねこ活動グループを結成し、
船橋市の団体登録に申し込みました。

TNRはふなねこも手伝いましたが、
全部をふなねこが行うのも良くないと考えています。

ふなねこがTNRするのは、始めだけ。
私たちの役割は、TNRのやり方をお伝えして、
地域の人たちにどんどん参加してもらうこと。

私たちとお爺さんだけが活動してはいけない。
地域の人たちに手伝ってもらってこそ、地域ねこ活動

だと思うのです。

野良猫でお困りの方へ。
どうしてよいかわからず色んな団体にSOSをする事と思います。

SOSする際は、団体だけでなく、
自身のご家族や地域の住民にもSOSしてください。

そしてご自身でできる事を最大限行なってください。
本気で取り組んでください。

本気で取り組む方々であれば、協働パートナーとして
共に真剣に取り組んで行きたいと思います。

20160221_091559942_iOS (800x600)

写真はお爺さんの地域でTNRした猫。
お爺さんや地域の皆さんのお蔭で「地域ねこ」になれました。
これからはビクビクして生きることもありません。
穏やかに天寿を全うできるよう、ふなねこもサポートします。
2016年01月31日 (日) | 編集 |
1月30日(土)船橋駅南口にある「市民活動サポートセンターにおいて
「市民活動フェアー2016」が開催されました。

20160130_015929931_iOS.jpg

船橋市の「松戸市長」(ややこしいのですが、松戸というお名前です)も
お越しくださり、地域ねこ活動について少しだけお話することもできました。

20160130_013206285_iOS (188x250)

内容は前年度と同じなのですが、パネル展示も行いました。

このフェアーは、「動物愛護のフェアー」ではありませんので、
いろんな考えの市民が足を運んでくれます。
ですので、野良猫が嫌いな人や被害に遭っていると訴えてくる方と
たくさんお話できるのです。

お話したほぼ全員の方々は、地域ねこ活動について
理解を示してくださいました。

ただ返事の中に多かったのは、
「活動は理解したし、いいことだと思うのだけど
うちの町会は高齢化がひどいから、活動してくれる人なんか居ない。
爺さん婆さんばかりで、どうやったらいいのかしら」
という声でした。

確かに日本全国が高齢化しています。
船橋だけの問題じゃありません。

若い力をどうやって引き寄せるか、そこが課題なんだなーと
つくづく感じたフェアーでした。
ちなみに・・・お越しくださったお客さんの大部分が高齢者でした。
ボランティアや社会貢献活動というものに、
どうやったら若者が意識を向けてくれるか・・・。

ふなねこだけでなく、市民活動している団体の皆さんが
同じように悩んでいるところです。

フェアーの会場に「猫のフード」のご寄付で駆けつけてくださったH様。
たくさんのフードを誠に有難うございました。
当日参加したメンバーに分けて、帰らせた後、
写真を撮っていないことに気が付きました。
H様からのたくさんのフードの写真を掲載することができず、
大変申し訳ございません。

外で頑張って暮らしている猫たちに分け与えます。
誠に有難うございました。

20160130_013145840_iOS (188x250)

2016年01月08日 (金) | 編集 |
【船橋市・ふなねこ】

ふなねこです。新しい年となりました。
本年も宜しくお願い致します。(^^)/

船橋市内で活動する市民活動団体(46団体)がブース出展、
パネル展示、パフォーマンスおよびプレゼンテーションで日頃の活動を紹介します。

もちろん「ふなねこ」も今年も参加します!
パネル展示とブースでの「野良猫なんでも相談」を受け付けます。

また、落語家であり医学博士でもある立川らく朝師匠による、
病気と予防の話をギャグ満載でお届けする爆笑漫談「ヘルシートーク」や
「まちかど音楽ステージ」出演者による特別演奏も行われます。

楽しく明るい市民活動・ボランティアを見つけるチャンスですので、是非ご来場ください。

【開催日時】

 平成28年1月30日(土曜日)11持00分から17時00分※入場無料

【会場】

市民活動サポートセンター(フェイスビル5階)
市民文化創造館「きららホール」(フェイスビル6階)

【開催内容】

市民活動サポートセンター(フェイスビル5階)では・・・
ブース出展
パネル展示
団体によるプレゼンテーション(14時15分~16時30分)
市民活動相談コーナー
ふなばし市民力発見サイト体験コーナー

市民文化創造館「きららホール」(フェイスビル6階)では・・・
「まちかど音楽ステージ」出演者による特別演奏(11時15分から12時15分)
立川らく朝師匠による漫談「ヘルシートーク」(13時15分から14時00分※当日先着200人)
団体によるパフォーマンス(14時15分から16時30分)

詳しくは・・・こちらのPDFチラシをご覧ください。

20150801_070655607_iOS.jpg