千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年09月02日 (金) | 編集 |
お向さんで不妊手術をして頂いた猫が、お隣の物入れの上に
寝ていました。近くまで寄って話しかけました。

話しかけながら耳カットを探しました。あれ~???ないよ!
おっかしいな~、家の窓から見える、ご飯をもらっているのは
この子だよな~?何日か後にもう一匹の子にも会い、耳カット
探しました。無い・・・・・ない?何回も見て、や~~~っと確認
できました。耳の外側の横下にありました。
直ぐに確認できる場所でなくてはいけないと、翌日手術して下さった
獣医さん、「耳の先端にして下さい」と電話でお願いしたら、「助成金を使う場合は
耳横に指定されている。依頼主が助成金を貰えないと可哀想なので
指定場所にカットを入れている」と仰います。???

おっかしいな~?、一目で分からなければ耳カットの意味がない。
他の獣医さんにも確認しましたが、目立つように耳の先端にカットを
入れて下さっているので安心致しました。

念の為、所管にも確認。やはり指定はされていませんでした。
あの獣医さん、なにか勘違いなさっているのでしょうねぇ。

他にも耳横にカットを入れる獣医さんがいるようです。猫ボラさんが
「○○病院のカットは耳横なので見ずらい」とこぼしていました。

皆さんもご存じだと思います。耳カットは避妊去勢済みの目印です。
直ぐ確認できなくては意味がありません。
ノラちゃんを避妊去勢手術して下さるときは一言「耳カットは耳の
先端にお願いします」と念のため仰ってくださいね。

rinnko_テレビ(小)
リンコです。これなら直ぐわかるでしょう(*^^)v