千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年05月17日 (火) | 編集 |
平成28年5月15日(日)千葉県地域ねこ活動連絡協議会主催
「第一回 地域ねこ活動セミナー」は、盛況のうちに幕を閉じました。

20160516_092155000_iOS.jpg

定員86名の会場が満員になりました。

20160516_092159000_iOS.jpg

セミナーの内容は、
第一部:
やちよ地域ねこ活動 鈴木代表による
地域ねこ活動の目的・考え方・具体的な活動内容について
第二部:
千葉県衛生指導課 菅沢副課長による
「動物愛護法、千葉県の地域ねこ活動事業について」
第三部:
NPOねこだすけ 工藤久美子理事長による
「地域ねこ活動の三者協働、地域ねこ活動実践方法」
第四部:
千葉県連絡協議会 代表らによる
「パネルディスカッション」
第五部:
野良猫何でも相談会 個別相談

中でも千葉県衛生指導課・菅沢さんのお話しはとても興味深いものでした。

・千葉県の地域ねこ活動への歩み
(どのようにして県として活動を推進するようになったのか)
・県による猫の処分状況の推移
(処分数は減少している、なぜ減少することができているのか等)
・千葉県の地域ねこ活動事業としての無料手術について
(申請の条件など)

お話がとてもお上手でわかりやすく、よく理解できました。
これからも協議会は県と共に地域ねこ活動を推進してまいります。

このセミナーを開催するにあたって、
県内のすべての市町村、そして各保健所に
セミナー開催のご案内(ご招待)を郵送にてお送りしました。

どのくらいの数の行政機関が足を運んでくれるか、
まったくわからない状況でしたが、なんと6つもの自治体(保健所含む)が
足を運んでくれました。

しかも他県の機関まで・・・。
遠いところをお越しいただき、誠に有難うございました。

セミナーを聞いていただけた自治体が、それぞれの地域に持ち帰って
地域ねこ活動を市町村で推進してくれるようになれば、
多くの人々、そして不幸な野良猫が救われることになります。

もしセミナーや勉強会を開きたいとお考えの自治体さんが
いらっしゃいましたら、遠慮なくお声がけください。

協議会加盟団体が、喜んで講師・アドバイザーとして参加させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから嬉しいお知らせです!
協議会加盟団体がまた一つ、増えました。

浦安市で活動している「浦安地域猫連絡会」さんです!

地域ねこ活動は「動物愛護活動」ではなく
「地域の環境・まちづくり活動」であるという理念のもと、
7つの県内の団体が今後もセミナーを行なったり、
ブログで皆さんに啓発・広報していきたいと思います。

私達は、「動物愛護」の気持ちから活動を始めた7団体です。

しかし活動を進めていくうちに、
「猫が嫌いだからこそ活動を始める人」や
「地域の環境美化を願って始める方・自治会・町会」などの姿を見て、
「地域の理解と協力求めるのであれば、
愛護活動の枠に留まっていてはいけない。
より多くの方々と協力しあって行くためには、
活動の公益性を訴えていかなければ!」と考え、
すぐに「愛護活動」から「地域の環境・まちづくり」の活動へと
シフトチェンジしました。

私たちの野良猫への愛護精神は、
地域ねこ活動を行なうことによって、不幸な猫を増やさず、
猫たちに安心して生きていける場所を作ってあげられる事で
念願が叶うのです。

嫌いな方・野良猫にお困りの方の気持ちは、
地域ねこ活動を行なうことによって、時間はかかるけれども
基本に忠実であれば、必ず減少していく・・・と言うことで
念願が叶います。


猫が好きであろうと、嫌いであろうと、
「町を良くしたい!野良猫問題を解決したい!」と言う思いがあれば、
みんなが繋がれる活動なのです。

どんな思いから始めても、ゴールは同じなのです。

「野良猫トラブルゼロを目指し、人も猫も安心して暮らせる町づくり」
・・・それが地域ねこ活動なのです。


20160516_092220000_iOS.jpg

20160516_092212000_iOS.jpg

これからも加盟団体それぞれで地域を担当してまいります。
遠慮なくご相談ください。

お越しくださった皆様、
お休みにも拘らず講演してくださいました県の職員の皆様、
行政関係者様、県議会議員様、
NPOねこだすけの工藤様、きや様、
運営に携わってくださったボランティアの皆様、
誠に有難うございました。

20160422_064936642_iOS.jpg
みなさん、ありがとにゃー