千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年04月27日 (水) | 編集 |
ある現場の地域ねこが亡くなりました。

20150511_062428321_iOS.jpg

その猫の名は「星子」。
短い尾がチャームポイントでした。

地域でボランティアさんのみならず、
多くの住民の方々に愛された猫でした。

TNRの際にはふなねこもお手伝いしました。
一番最後まで残った強者でした。

3月に体調を崩し、4月25日に亡くなりました。

星子を保護して最期まで看取ってくれたボランティアさんと
何年もの間、星子を外で世話してきたボランティアさんと
3人で星子を送り出す(火葬する)ことにしました。

今までは遠くの斎場に持ち込んでいたのですが、
船橋市に良い斎場があるとの紹介を受け、
「船橋ペット斎場」に行きました。

「この子は地域ねこなんです」と告げると、
オーナー様は「外の猫ちゃん達のお世話、大変でしょう」と労ってくださり
飼い猫さんと同等に扱ってくださいました。

オーナー様は外の猫たちに心を寄せてくださっていて、
「こうして最期までお世話された猫ちゃんは幸せですね。
これからも頑張ってください」と、
星子の面倒を見たボランティアさんに
「エサ代でもなんでも構いません。使ってください」と
ご寄付までくださいました。

(星子の現場にはまだ6匹の地域ねこが居ます。
 その子たちに医療費に使わせていただくことになりました)


ここまで外の猫の事を思ってくださる船橋ペット斎場様に
ボランティアと一緒に恐縮しきりでした。

20160426_031446398_iOS.jpg

綺麗な棺に入れていただき、お花まで添えてくださり、
星子はお骨になりました。

地域ねこが旅立ったとき、今後も船橋ペット斎場様に
お世話になろうと、その現場のボランティアさん達と話しました。

地域ねこが亡くなったとき、どのように送り出すかは
それぞれのボランティアさんのお考えがあると思います。

地域ねこを「火葬したい、共同墓地に入れたい」と思われるボランティアさんが
いらっしゃいましたら、ふなねこにお電話ください。

ふなねこから船橋ペット斎場様をご紹介いたします。
飼い猫は直接、船橋ペット斎場様にお問合せください)

★なお、ふなねこは船橋ペット斎場さんとは一切利害関係になく、
  今後のご紹介に対する斎場さんからふなねこ側への利益提供も一切ございません。
  あくまでもオーナー様の外猫へのご厚意に対する
  ふなねこの感謝の気持ちから自主的に発したものです。


星子を無事送り届けるまで、毎日お世話してくださっていたボランティアさん、
行き場のない星子を最期まで看取ってくださったボランティアさん、
星子を手厚く送り出してくださった船橋ペット斎場様、
長年星子を見守ってくださっていた地域住民の皆様、
今まで星子を可愛がってくださり、誠に有難うございました。

残る6匹の事も、今後とも宜しくお願い致します。

20160402_060913851_iOS.jpg
【残る6匹のうちの「サンちゃん」と「サッカー」】