千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年04月04日 (月) | 編集 |
生憎の曇り空でしたが、人では上々で賑やかでしたよ

子どもたちは消防車やパトカーに乗せてもらって記念写真を
撮ってもらったり、あっ、消防車に乗せてもらい時は可愛い
消防服を着せもらってましたよ。

お花見2(小)


ハミング池野さんと(小)
これ去年の写真ではありません。今年のです。場所が去年と同じ
幟も同じ、パネルも同じ。

でも、メンバーが違います。去年のメンバーさん達はノラチャンの
捕獲やら、仕事やらで都合がつかず、新しいメンバーさんが
頑張ってくれました。

ならねこのパンフレット、県のリーフレット、けんねこセミナーのお知らせチラシ、
それにこれも忘れずに配布しましたよ。
ペットショップにいくまえに(小)

皆さん、一所懸命配って下さってパンフレット類はスッカラカンになりました。

今年は去年にも増していろんな方にお会いできましたよ。
メンバーさんからの「後、お願い」のサインで入れ替わり、活動の趣旨を
聞い居た女性は「そう!」といってパンフレットを、押してきて一輪車の上に
投げ置きたちさりました。去った後メンバーさんが言うには、「あの方、駆除
して欲しいと仰っていたのです」 「えっぇ~~~(ーー;)」です。

パネルをまじまじとご覧になって下さっている若い男性に、「こんな活動が
あるのですね。」と仰って頂けたり、・・・・・・又すこし広報ができました。

今、一番気になっているのは野良猫問題に本当に悩んでいる男性です。

男性・・・・野良猫を排除するのに良い方法があるかね~?いっぱいいるんだよ
私・・・・・・ありません
男性・・・・そうなんだろうな~、市役所も出来ない、保健所も出来ない、でも
      できないだけじゃなあ~(;一_一)
私・・・・・・だからこの活動しかないのです。この活動は猫による人と人との
      トラブルを0にするのが目的で環境、言わば人間側の為のものです。

私の説明にその男性は頷きながらお聞き下さり、パンフレットを持ってお帰りになりました。 
ホトホト困っているご様子でした。まだ4月になったばかりです。間に合うかもしれません。
県の飼い主のいない猫対策事業に申請しましょう。

不妊去勢手術費用0はこの活動の大きな力となります。

お花見1(小)
 
迷っている方、早くお電話下さい。時間はどんどん過ぎます。
猫が嫌いな方、可哀想な猫を見るのが辛い方、貴方達の
ほんの少しの勇気が地域を守り、猫を守ります。
地域社会に受け入れられてこそ猫の幸せはあります。

やって良かったパネル展

お電話お待ちします。  070-6960-4815

ハミング桜(小)