千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年03月04日 (金) | 編集 |
子タヌキポンポコは今雑木林の母さんタヌキの傍にいます。
母さんタヌキを埋葬して下さった方に場所を聞き、母さんの
近くに埋葬しました。

御衣黄桜
ポンポコの眠る場所からはここら辺では珍しい御衣黄桜がみえます。
この桜は咲き始めは写真のように花弁が鶸色です。
もう春だから、そろそろ起きて母さんとお花見団子を食べているでしょうか・
あっ、この桜は八重でソメイヨシノが咲き終わる頃咲き始めるので
エヘッ、スパゲッテイかな?
向こうのお国だったらフォーク上手で食べられるかな?




ポンポコとの暮らしは、それは楽しいものでした
ポンポコはおしめをしながらフローリングのところを自由に動けるように
なったら、諦めたのか気が紛れるようになったのか、足をかじらないように
なりました。臭かったですけど可愛さ故にきになりませんでした(^_-)-☆)


だけど、食事の時間はサークルに入ってもらいましたよ。

でもね、サークルの置き場所が悪かった。兄の椅子の近くでした。
ポンポコはサークルに掴って兄に「僕も食べたい、頂戴、頂戴」とせがみます。
男の人は、こんな時ホントに甘いですよねぇ(ーー゛)
私が「ダメ、ダメ」と言っても其の可愛さに絆され、食べさせてしまいます。

其の日、兄が食べているものは砂肝でした。消化が悪いような気がしました。
案の定、翌日はお腹を壊しピーピーになってしまいました。
ポンンポコの為に獣医さんは元谷津遊園で獣医をしていた病院に変えていました。
(其の頃は、我が家からはその病院は少し遠かったため近くの病院に行っていました。)
ポンポコは元気でしたが心配でしたので病院で補液をして頂き、元気に戻ってまいりました。
翌日も元気で病院に行き補液して頂いた帰り道、ダンボールの中でガサゴソガサゴソ
動いていた音が急に聞こえなくなりました。??と思いポンポコにてをやるとポンポコは
横たわっていました。

すぐ病院に引き返しましたが、間に合いませんでした。着いた時には既に
事切れていました。

原因は全く分かりませんでした。
私を煩わせてはいけないと思って母さんタヌキが迎えにきたのでしょうか?

「母さんや、そんな心配いらなかったよ。ポンポコは大きくなっても、家の家族だったよ。」



御衣黄桜の下は私がノラちゃんに餌をあげている餌場の一つでもありました。
うこん桜の下で


毎晩声をかけます。
「母さん、ポンポコきたよ~、桜さいたね~、今日は風が強いね~」なんてね


今年も御衣黄桜が咲きます。
盛り過ぎの御衣黄
この桜、時間が経つと花弁の色が変わってきます。右近桜の別名かと思っていましたが
違いました。

今年は夜桜ではなく昼間桜をみながらポンポコのところにいこうかな~。


皆さま、長く拙い文章にお付き合い下さりありがとうございました。


最後にふとっ、猫に戻ります。
今の猫ブームが報道されるたび心配で心が雲ります。
これによって可哀想な猫、人間の犠牲になる猫が増えませんように。