千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年02月24日 (水) | 編集 |
久々のふなねこです。

このブログは、千葉県地域ねこ活動連合協議会のメンバーである団体の
特色がよく表れたブログになっていて、面白いブログになったなーと
思っています。(自画自賛ですみません)
読者の皆様はどう思われますか?(^^)

20160119_075702467_iOS (600x800)

(↑↑ふなねこで保護していた子猫。無事に素敵なご家族に譲渡できました)

さて「ふなねこ」の近況です。

春が近くなってくると相談は一気に増えてきます。

最近続いているのが・・・
「本気で解決したいと思って相談してくる高齢者」さんからのSOS。

今までは「お金がない」「車がない」
「近所は冷たい人ばかりだからどうにもできない」
「体力がない」・・・だから何にもできない、団体でなんとかしてくれという
高齢者さんからの相談が多かったのですが、
このところお会いする相談者さん達は、
「できないことが多いからこそ、地域の人や団体にSOSした。
だけど自分でできる事は頑張ってやってみる!」
という方が多かったです。

その方々も、それまでずっと一人で問題を抱え込んでいたけれど、
「このままじゃいけない」と気づいてくれて、
周りの人間(団体)にSOSを発したんだと思います。

20160111_091741482_iOS (600x800)


ある地域の高齢者(お爺さん)のケースです。

一人でエサをやり続けていたけれど
猫は増えてきてしまったし、苦情も出てきたということで
ふなねこと自治会にSOS してきました。

このお爺さんと他の相談者の違いは「自治会にSOS」したことです。

苦情を言われて頑なになる人が多い中、
お爺さんは勇気をもって自治会にSOS。

結果、それが良かった!(^^)/

ふなねことお爺さんは役員会に出席し、
役員の皆さんに窮状を訴えました。

野良猫問題をお爺さん個人の問題ととらえず、
「地域の問題だ!なんとかしなきゃ」と考えてくださった役員さん達は
すぐに地域ねこ活動に同意してくれました。

お爺さんを中心に、地域ねこ活動グループを結成し、
船橋市の団体登録に申し込みました。

TNRはふなねこも手伝いましたが、
全部をふなねこが行うのも良くないと考えています。

ふなねこがTNRするのは、始めだけ。
私たちの役割は、TNRのやり方をお伝えして、
地域の人たちにどんどん参加してもらうこと。

私たちとお爺さんだけが活動してはいけない。
地域の人たちに手伝ってもらってこそ、地域ねこ活動

だと思うのです。

野良猫でお困りの方へ。
どうしてよいかわからず色んな団体にSOSをする事と思います。

SOSする際は、団体だけでなく、
自身のご家族や地域の住民にもSOSしてください。

そしてご自身でできる事を最大限行なってください。
本気で取り組んでください。

本気で取り組む方々であれば、協働パートナーとして
共に真剣に取り組んで行きたいと思います。

20160221_091559942_iOS (800x600)

写真はお爺さんの地域でTNRした猫。
お爺さんや地域の皆さんのお蔭で「地域ねこ」になれました。
これからはビクビクして生きることもありません。
穏やかに天寿を全うできるよう、ふなねこもサポートします。