千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2017年04月22日 (土) | 編集 |
久々の大久保公民館での「猫なんでも相談日」にハミングさくらまつりで
お話させて頂いた方がいらして下さいました。
地域猫活動の趣旨も正しく理解して下さっていて、さくらまつりでお配りした、
絵本作家 どいかやさんがお作りして下さった
ペットショップにいくまえに(小)
この小冊子もお持ち下さり「殺処分0だけ訴えてもだめなんですよねぇ、
蛇口を閉めないとねぇ」って。

そうです、蛇口です。すなわち、生体の店頭販売の禁止、悪徳ブリーダーの
取り締まり、ネット販売の禁止等々。
せめて、せめてこれだけでも早急に実現してほしい

猫8週齢規制
これは愛護法で決まっているとはいえ、緩和措置が取られていて、
実際にはもっと早く店頭に出されてしまいます。生後8週間を親元で
暮らすのは健康面、社会生活面でも大事なことです。
母親から、より丈夫な躰、よりよい犬猫の社会生活の知恵も教えて
もらえます。そのほうが一緒に暮らす人間にとっても良い筈です。


ペットショップの裏側では悲惨な事が沢山繰り広げられています。
どうしても純粋種が欲しい方もいらっしゃるでしょう、そんな方は
ブリーダーに直接行ってみて其の犬猫達の環境をしっかり見定まることです。
そして良い環境の中で暮らしているのを確認し、気にいった子が
いたら、予約をして生後8週間は母親にしっかり教育してもらって下さい。
その方が長い犬猫との生活が楽で楽しいものとなりましょう (^^♪