千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2017年07月16日 (日) | 編集 |
暑くてばててしまいそうですが、元気ですか?
先日、八千代市のある自治会の有志のグループ「○○地域ねこ活動」さんから
ポスターを作ったと家のポストに入ってた。
今、精力的に活動を始めているグループがあります。
ポスターのタイトルは
僕は・・・生きていても 良いのですか・・・?

やちねこは、「いのち」について語ってきていない。
心に響かない人たちをたくさん見てきたからだと思うのと、
環境問題の側面で野良猫問題をとらえたほうがいいと思っていたから。
でも、環境・・・と言っても人の心はなかなか動かない。
こんなちっちゃな子猫が殺処分されてしまう現実を…なんとかストップさせたいと願う気持ちのほうが
地域猫活動に取り組むエネルギーになるのなら、それもいいのかもしれない。

こねこ

「地域猫活動」を手伝おう、始めよう・・という人は・・・ほとんどいない。
地域猫活動は、「あなた(猫)を管理する代わりに、ここに暮らしていいよ」という側面もある。
同時に、被害に遭っている人も救済される。

先日、私の現場に猫が捨てられた。
妊娠中だった。
捨てた人は、あとはお願いという気持ちだったのか
この現場以外にも、多くの子猫を捨てる人たちがいる。
人の情けは紙より薄い・・のでしょうか


やちねこ、勝田台図書館とコラボ企画(かっこよすぎ(ノω`*)ノを予定しています。
また、報告させていただきます。