千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年11月23日 (水) | 編集 |
こんばんわ。
今日こそはやちねこの記事をと思いましたが、午後11時近くになってしまいました。
祭日も仕事の私には、地域猫活動の現場と常勤の仕事と、我が家の猫たちの世話やら犬の散歩やらでばたばたとしています。
さて、ブログを更新しないので、「活動は継続しているのか?」との問い合わせに慌てて今に至っています。

多頭飼育崩壊・・・外にいる猫にごはんをあげたら、「家に連れて帰れ」と怒る人たちから逃れるために、1匹また1匹と自宅に連れて行く人がいます。先日の街頭活動でも当事者の方から声を掛けられました。
泣いていました。
今月の千葉県動物愛護推進員の集まる場で、行政に対して「個人で保護するには限界がある。そして、崩壊することもある。行政は犬猫を収容することから、シェルターにすることを考えるべきだ」と意見された方がいました。
心の中で  拍手 しました。
地域猫活動は、外に生きる猫たちが、そこで、その地で生きていける居住権を得ることになります。
地域の住民が管理することで、トラブルを減らし、人と猫とが共生する街づくり活動です。
こそこそごはんをあげることもしなくていいし、自宅に連れ帰る必要もない。猫の被害にも遭ってきた人も安心できる。
よく、時間がかかるとか、理想だとかいう人がいるけれど、否定することは横に置いておきませんか。

話は変わって、八千代市の「地域猫不妊去勢手術助成金」の申請の締め切りが近づいています。
私に相談して下さる電話の向こうの方々には、「地域猫へのすすめ」を伝えてきました。
みなさん、猫を放っておけない気持ちの優しい方たちなので、不妊去勢手術を自腹でするなら、ちょっとがんばって「地域猫」にしませんかと伝えてきました。
うれしい成果もありました。
千葉県に話し合いに行き、大規模河川での「地域猫活動」が認められたことです。
その地で懸命に頑張ってきた方たちの努力が認められたことが、本当によかった。
私は、ずっと何もできなかった。でもこの八千代市の助成金事業をきっかけにやっと力を貸せた気がします。

まだまだ書きたいことはいっぱいありますが、読むほうも疲れるから。
いつも、応援して下さる方がた。お会いしたこともない方も。
この場を借りて、「ありがとうございます。」

yjimage3RMJQRMK.jpg
070-5555-1794
2016年11月22日 (火) | 編集 |
先日、クローズアップ現代で多頭飼崩壊を取り上げていましたねぇ。
自分の許容範囲を越えても犬猫を増やすのをやめられない。
多頭飼いは動物依存症だそうです。
依存症・・・・・病気です。

番組の中で取り上げられたお宅には、ゴミだらけの部屋の中に
80匹の猫が右往左往.していました。有難いことに財団法人
動物基金様が避妊去勢手術をして下さり、ボランティアさん達が
部屋の中を掃除、綺麗にして下さっていました。
しかし、これで一件落着というわけにはまいりません。

依存症はいろいろありますねぇ。アルコール依存症、買い物依存症etc
大分前ですが私の家の近くにアルコール依存症の男性がいました。
彼はとても良い人でお酒を飲んでも暴れることはなく、酔うと他所に家に
上がりこんでなかなか帰らず、お店に飲みにいけば居続けて店主を
困らせる、そんな程度でしたので彼を嫌っている人はいなかったと
思います。そんな彼が本格的に病院に入院しアルコール依存症を治し
帰ってきました。近所の人は「治ったんだってねぇ、良かったねぇ」と
喜びました。
しかし、彼は変わっても、彼をとりまく環境は変わりませんでしたから
見る見るうちに依存症は再発し、それが元で若くして亡くなって
しまいました。枕線香と言うのでしょうか?まだお家に居らっしゃる時に
お線香をあげてきました。その時、ビックリいたしました。
彼の死顔は穏やかで、とっても綺麗でした。御存命中にこんなお顔を
拝見したことはありませんでした。彼にとって生きていることは、本当は
辛かったのだろうなぁと、今苦しみから解き放たれて楽になったのだろうなぁと
複雑な思いで帰ったことを思い出しました。

依存症は病気です。病気には必ず原因があり病巣があります。
それを取り除かないと再発の恐れは十分にあります。今回のように
お部屋の美化、避妊去勢手術のような局所療法も必須です。
しかし依存症から完全に抜け出して頂くためには東洋医学のように
躰(ご本人および環境)全体から原因、病巣を取り除かなくては
なりません。
それには行政、警察、精神科医、地域住民、ボランティアの長期的な
見守りと心のケアが必要です。

そんなとき地域猫活動をしていると役にたちます。地域認定猫ちゃんの
お世話をしながら、その依存症の方にお声掛けなどしながら見守り、いつでも
相談できるのよ~なんて安心感を投げかけられるしね(^^♪

いや、地域猫活動をしている地域なら、動物依存症の人は出なかったかも
しれません。地域猫活動の趣旨は「猫による人と人とのトラブルを0にする」こと
ですが、地域のコミュニケーションを活発にするねらいもあります。
殺処分0にして東京都国立市から表彰されたボランティア団体の「猫のゆりかご」の
代表さんは仰います。「地域猫、地域猫と取り組んでいたら殺処分0になった。地域猫活動に
取り組んでいる地域の方達は、皆さん和気あいあいとたのしそう」って。

人間は本当に幸せな人のオーラはピンクいろだそうです(私が読んだ本によると)。
そして、そんな人達が暮らしている家からもオーラが出ているそうです。
地域社会に飼い主のいない猫が受け入れられ、猫が幸せになれば猫好きさんも
幸せ、猫が増えなくなり地域も綺麗になれば猫嫌いさんも気持ち良く暮らせるように
なります。

さぁ、皆さんの地域もピンク色にしませんか?

何時もいつもピンク色の銀ちゃんのお写真が届きました。
銀ちゃん一家(小)
一番手前は桜おねいちゃま、奥の白黒が銀ちゃん。
銀ちゃん、保護主さんに連れてこられ初めて会った時知らない人ばかりの
中で悠然と香箱座りをしていたのを思い出します。
「おお、大者」と思いましたよ

ぎんちゃんと弟(小)
銀ちゃん、お母さんがもっと甘えてほしいってよ(^^♪
お兄ちゃんの沽券にかけて、そんな姿を弟には見せられないか~

そうだよ、だってボクは大物だもん。(。>ω<。)ノ





2016年11月17日 (木) | 編集 |
新宿区主催で行われる「地域ねこ対策のつくり方」に
連絡協議会から講師として参加することになりました。

新宿区セミナーホームページ

連絡協議会の講演内容は
「ボランティアとの関係づくり」です。
具体的に言うと、ボランティア同士の連携を深めると
こんな効果があります!というような内容です。

ご存じのとおり、この協議会は県内の地域ねこ活動団体が
7つ集まった協議会です。
集まった目的、そしてその効果についてお話し致します。

2つめの講演は、国立市で活動されている「猫のゆりかご」さんによる
「行政との関係づくり」です。
自分の住んでいる地域の行政とどのようにしたら
協力しあえるのか、それらの役割分担とは何か?について
じっくりお話しいただきます。

3つめの講演は、世田谷区で活動されている「世田谷チームSLP」
さんによる「地域との関係づくり」のお話しです。
自分の住んでいる地域の自治会や町会と、
どのようにして協力しあって行けばよいのか、
町会長さんにどんな風に話をもっていけばよいのか、
などなど興味深いお話しをしていただけます。

このセミナーは、すでにボランティアとして活動している
「ボランティアさんのためのセミナー」と言えるのではないでしょうか。

ボランティアとして現場でつまづくこと、悩んでいることなど
それぞれの講師の皆さんが、いろんなノウハウを伝えてくれます。

その他、台東区の職員さん、練馬区の職員さん、新宿区の元職員さんなど
経験豊富な行政マンの生の声も聴くことができます。

そしてねこだすけさんも勿論参加なさいます。

ボランティアさん、ぜひこの機会をお見逃しなく!

20161126新宿セミナーチラシ
【大きすぎて見れない場合は、下の写真をクリックしてください】

20161126新宿セミナーチラシ
【この写真をクリックすると少し拡大します】

平成28年11月26日(土)
受付13:30~ 開会13:45~ 終了16:30

新宿区戸塚地域センター 7階
多目的ホールにて
(JR/東西線 高田馬場歩いて3分)

参加無料 予約不要

主催:新宿区保健所衛生課
協力:新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会
協働:NPOねこだすけ

2016年11月14日 (月) | 編集 |
ふなねこの(歳はとってますが)新人のエムです。
本日、ブログデビューです。
代表の清水とともに、今後適宜活動をご報告させていただきます。
まずは、11月13日に海老ケ作公民館で開催した
「第19回地域ねこ活動勉強会&のらねこ座談会」の様子をお伝えしますね。
今回は、今までセミナーを開催していなかった船橋市北部に行ってきました。
EbigasakuEntrance_used.jpg
会場はアクセスが良いとは言えなかったのですが、
予想を上回る多くの方々にお集まりいただきました。
なかでも男性が多かったのが印象的でした。
lecture.jpg
1部は「勉強会」、2部は座談会。発言が活発に飛び交いました。
座談会終了後は個別相談も。地域によって事情もさまざま。
casebycase.jpg
終了後は参加者同士で連絡先を交換している光景も見られました。
あたたかい気持ちになった勉強会&座談会でした。
司会はメンバーSさんが担当。
MC.jpg
設営、進行、撤収まで、見事な連係プレーでした。
私は、メンバーのみなさんの手際の良さに圧倒されました。
みなさんお疲れ様でした。


【捜索願】もんじろう
勉強会の時に託された捜索願です。
茶トラの「もんじろう」くんが、船橋市大穴南付近から行方不明になりました。
お心当たりのある方は、下記チラシの電話番号までご連絡をお願いいたします。
大柄な子ですが、1週間ほど経過しているので痩せているかも。
みんなで心配しています。
早く帰れますように。
追記: 12月9日に無事飼い主さんのもとに戻りました。
みなさま、ありがとうございました。

Monjiro_wanted_found.jpg

2016年11月11日 (金) | 編集 |
収穫祭は日本大学桜泉祭コラボの商店会主催です。
実籾ふるさとまつりの半分以下の規模です。
来られた方から「フリーマーはこれだけ?」と聞かれました。
でもいいのです。ならねこは正しい地域猫活動を少しでも
お知らせできれば、其の日の実りはあったと思います。

其の日もノラちゃんが多い町会の役員さんや住民のか方と
ゆっくりお話ができましたしね、旧知の方ともあえてね(^^♪
其の方はならねこのお手伝いをしてくれそうですよ~

メンバーさんの頑張りで其の日も配布資料は殆ど配布出来ました。
私は地域猫活動の大筋を大声でお知らせいたしました。

今度、メガホン買おうかな?

お知らせするのに夢中になりまた、写真撮り忘れました。
済みません。

頂いたご寄付は
 3日・・・4642円
 6日・・・4591円 頂きました。
フードも重いのにお持ち下さいました。
有難う御座います。皆さまの温かいお気持ち、しっかり
受け止め大切に活動に使わせて頂きます。感謝

可愛い手作り猫グッズを通販していらっしゃる「ねこづくし」さんから
ご寄付を頂きました。有難う御座います。
ねこづくしさんはお家の猫やら、商品をご購入なさった方の猫ちゃんが
グッズで遊んだいる様子をブログで紹介なさっていて、とても楽しい
ブログです。
「ねこづくし」のお店にも此方からはいれます。商品も可愛く見るからに
しっかりしているとおもいます。

皆様、どうぞご覧くださいませ。
ブログ名は「かんきち日記」
↓↓↓
かんきち日記




私の願い
猫8週齢規制
親子の苦しみをなくすため、まず是を実現したい。
2016年11月08日 (火) | 編集 |
今週日曜日、「第19回地域ねこ活動勉強会&のらねこ座談会」
を開催します。主催はふなねこです。

野良猫をなんとかしてあげたい方、
野良猫をなんとかしたい方、お気軽にお越しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:平成28年11月13日(日)

    午後1時 受付開始~
    1:20 地域ねこ活動勉強会スタート~
    2:30 野良猫座談会スタート~
    3:30 終了予定 

場所:船橋市 海老ケ作公民館 第3集会室

参加費・予約不要


20161113.jpg

【クリックで若干拡大します】

ポスター希望の方は、こちらをクリックしてください。

「ふなねこHPトップページ(NEWSにダウンロード用のファイルがあります)」

_________________________

【里親募集の代理投稿】里親さん決定!!

船橋市内のねぎ畑で鳴いていたところを保護されたので、
名前は「ねぎ子ちゃん」里親さん決定!

20161017_142952000_iOS.jpg
セクシーポーズのねぎ子ちゃん

里親さん決定!有難うございました。
2016年11月04日 (金) | 編集 |
2日の夜から降っていた雨も3日の早朝にはやみ、暑いほどの良いお天気に
なりました。やはり3日は特異日なのですねぇ。

今年はまさかの商店街の外れの方。
でも、それがかえって良かったかな~と思います。
お手伝いボラさんや、ならねこメンバーの頑張りのお陰で持って行ったパンフレットは
全て配布「出来たし、「地域猫活動」のお話も出来、保護猫の里親探しのポスターも
ゆっくりご覧いただきましたしね。


1016(小)

いくつかのブラスバンドが賑やかに華を添えてくれています。

16(小)
メンバーのOさん、私同様、体が達者ではありません。
でも、一所懸命です。


パネルをじぃーっとご覧の男性に、何かお困りですか?とお尋ね致しましたら
庭にご近所の飼い猫に糞をされて困っているそうです。
千葉県には「飼い猫の完全室内飼養努力義務」の条例があることを
お知らせ致しましたが、この条例は広報不足で御存じに方は少ない。
ならば、習志野広報に載せてもらいたいとのご意見でしたので、早速今日、
所管の課長さんに電話でお願い致しました。課長さんはご快諾くださり
「これからもこのようなご意見は、吸い上げていきたい」と仰って下さいました。


習志野、少しづつですがやはり良い方に回っていると思います。感謝(^^♪

16、実籾ふるさとまつり(小)



さぁ、男手も揃いました6日の準備です。
6日は大久保大収穫祭です。

3日のご寄付は6日が終わってから一緒にご報告させていただきます。




**山本様、ご厚情感謝致します。
   有難うございます。  
   ブログがございましたら拍手コメンントにてお知らせくださいませ。