千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年08月12日 (金) | 編集 |
今日は、都合で少し早いけどお盆のお墓参りに行って
きました。

駅で電車を待っていたら、綺麗に和服を着た女性が
いました。めずらしいなぁと思いながら何かお稽古を
しているのかな?と・・・・・待ち時間は退屈ですからね~。

着物の着方から踊りかなと思いました・お茶をお稽古している方は
座ってお茶をたてるので上半身はゆったりお召しになったいます。
そこから考えて、頭髪もぴちっとアップ、和服もキリッとお召しに
なっていたので踊りかな?八千代台は結構お稽古場が多かったな、
八千代台で降りるかな?なんて思っていたら・・・エヘッ、おりました
八千代台で(^_-)-☆

其の方が下りてしまった電車の中で懐かしい踊りのことを、あれこれ
おもいだしました。

それで浮かび上がったのが新舞踊です。新舞踊は今では演歌舞踊・
流行歌舞踊をさすようになっていますが本当は違います。

新舞踊とは坪内逍遥が唱えた「新楽劇論」が源。遊里の題材に傾きがちな
歌舞伎舞踊から詩的で芸術的な作品をと主張した。
私の知っている曲では、「お夏狂乱」「惜しむ春」とかね。

寿之介師匠30代
yahoo検索させて頂きました
お夏狂乱です。
お懐かしや、我が師匠、でもこの写真30代のものでした・・・ふる~い(^^♪

お夏と里の子
これはお夏とお夏を囃す里の子たちです。
私ねぇ、こn里の子の男の子をしたことがあって、男の子の鬘をつけたとき
と~っても兄に似ていて、自分でもビックリ、苦笑してしまいましたよ。

あと、「新曲浦島」もそうだったような気がします。浦島太郎を題材にした
雄大な舞踊です。まだまだ沢山ありますけどね。

昔は「新舞踊」ということばが出てくる度に、「新舞踊って、本当はね~」と
いちいち是正し、今は「地域猫・地位猫活動」です。

新舞踊は私も今では「しょうがない、もういいっかなぁ~」なんて思って
しまいます。其の間違いで誰も痛くも苦しくも命の危険もないからです。

しかし、「地域猫・地域猫活動」は正しく広報しないと、何時までも
猫の幸せは訪れません。
TNRと餌やりだけでは、気がつかないうちに猫は増えます。
今日も電話がありました。全てTNRしたけど知らない猫が増えたって。

「地域猫・地域猫活動」は猫による人と人とのトラブルを0にするのが
本来の目的です。
野良猫が原因で猫好きさんと猫嫌いさんで刃傷沙汰になったり法廷に
引っ張り出された方もいらっしゃいます。

猫と人がゆるやかに共生するためには、「地域猫・地域猫活動」が間違った
方向にいっても「まぁ、いいか~」と放っておくわけにはいきません。
地域社会の一員になればこそ猫の、幸せはまもられます。

だから、やめられません。正しい「地域猫・地域猫活動」。

一緒に広報しませんか?

いつもお電話まってますよ~~(^^♪

070-6960-4815