千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年08月27日 (土) | 編集 |
考えがまとまりません。 

部屋がまた散らかっているせいか、散らかっているから
頭が纏まらないのか?

gonntyann.jpg
懐かしいごんちゃん

200910251100000[2]
可愛いピッピ

姫ちゃんやキキちゃん、花子、桃丸、梅吉、他のみんなも
忘れてないよ。

このところ、大きいホームセンター、老人ホームなどに行ったから
疲れたのかも。

最初から良いお返事など頂けるとは、思っていませんが、

すみません、頭空っぽ。

でもね、母さんあきらめません。
お空から応援して下さいねぇ

皆様もこんな心もとないならねこではございますが
変わらぬ御声援を、何卒お願い致します
2016年08月20日 (土) | 編集 |
28年の半ばになり、昨年の会計報告が大変遅くなり
申し訳ございません。
26年残高       8060円
収入の部      105908円
支出の部       86110円
27年次期繰越金  27858円

ご寄付は多方面の方々により、毎年有難うございます。
O・くみこ様  S・ひろあき様 S・やすこ様
U・なおき様 自治会様 A・ひでゆき様
K・みえこ様 F・たかえ様  Y・かねこ様
M・きわみ様 M・いずみ様  

皆様に、感謝申し上げます。
支出の関しては、
  印刷代16000円
  不妊・去勢手術42000円
  消耗品費28110円(動物フェスティバルに関して)

今年も、沢山のご寄付を有難うございます。
一応残高としてありますが、事実上赤字運営なので
宜しくお願い致します。



2016年08月19日 (金) | 編集 |
金曜の夜。
夕食をしながら、録画リストから「岩合光昭の世界ネコ歩き」を見る。
これを見てると、海外の猫たち、番組内では にゃんたち は実に自由奔放。
飼い猫がパトロールと称して、街のあちこちを歩きまわり、カフェで休んだり、レストランの窓辺から中をのぞいても歓迎されていたりする。
このゆるさ、うらやましい。番組づくりの演出かもしれないけど。
いや、そう思いたい。日本の猫はこれを見てストライキを起こしかねない
さて、なかなか書けなかった理由は、全盲のにゃんを保護し、愛ちゃんと名付けたその子が赤ちゃんを3匹生んで私を驚かせ、ばたばたしていました。
これからは譲渡のほうも考えていかねば。ずっといっしょにいたいけど・・・そうもいきません・・・

さて、八千代市の飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の助成金事業は、申請にハードルが高いのか、周知が足りないのかかんばしくありません。
そこで
9月24日(土)15:00~16:00 八千代市福祉センターにて、助成金を受けたい人を対象に「相談会」をします。
事前予約必要
日程が合わない方は応相談。
070-5555-1794 鈴木

DSC00331.jpg


2016年08月17日 (水) | 編集 |
ある老人ホームとマンションの外で餌をあげている方から
ご相談が入りました。

もしかしたら市外へ引っ越すことになるかもしれない、今のうちに
地域猫にしてあげたいとの御相談です。

ならば老人ホームで地域猫活動をして頂こう。体が利くご老人
ならば、日々の目的が出来、心身共に良いだろうし、マンションだって
コミュニティが活発になり、楽しいマンション生活が送れるようになる。
餌やりさんはマンション内には入れないので、猫の数は把握できないが、
10匹以上はいるようです。

で、餌やりさんと老人ホームと、マンションの管理事務所に「地域猫活動」の
お知らせと「活動」をして頂くお願いに行ってきますね。

何事も根気です。餌やりさん、根気よく行きましょうね(*^^)v

まだまだ、正しい地域猫活動が広報できておりません。

ご質問や同行のご希望が御座いましたら、ご遠慮なくお電話下さい。

070-6960-4815


[READ MORE...]
2016年08月12日 (金) | 編集 |
今日は、都合で少し早いけどお盆のお墓参りに行って
きました。

駅で電車を待っていたら、綺麗に和服を着た女性が
いました。めずらしいなぁと思いながら何かお稽古を
しているのかな?と・・・・・待ち時間は退屈ですからね~。

着物の着方から踊りかなと思いました・お茶をお稽古している方は
座ってお茶をたてるので上半身はゆったりお召しになったいます。
そこから考えて、頭髪もぴちっとアップ、和服もキリッとお召しに
なっていたので踊りかな?八千代台は結構お稽古場が多かったな、
八千代台で降りるかな?なんて思っていたら・・・エヘッ、おりました
八千代台で(^_-)-☆

其の方が下りてしまった電車の中で懐かしい踊りのことを、あれこれ
おもいだしました。

それで浮かび上がったのが新舞踊です。新舞踊は今では演歌舞踊・
流行歌舞踊をさすようになっていますが本当は違います。

新舞踊とは坪内逍遥が唱えた「新楽劇論」が源。遊里の題材に傾きがちな
歌舞伎舞踊から詩的で芸術的な作品をと主張した。
私の知っている曲では、「お夏狂乱」「惜しむ春」とかね。

寿之介師匠30代
yahoo検索させて頂きました
お夏狂乱です。
お懐かしや、我が師匠、でもこの写真30代のものでした・・・ふる~い(^^♪

お夏と里の子
これはお夏とお夏を囃す里の子たちです。
私ねぇ、こn里の子の男の子をしたことがあって、男の子の鬘をつけたとき
と~っても兄に似ていて、自分でもビックリ、苦笑してしまいましたよ。

あと、「新曲浦島」もそうだったような気がします。浦島太郎を題材にした
雄大な舞踊です。まだまだ沢山ありますけどね。

昔は「新舞踊」ということばが出てくる度に、「新舞踊って、本当はね~」と
いちいち是正し、今は「地域猫・地位猫活動」です。

新舞踊は私も今では「しょうがない、もういいっかなぁ~」なんて思って
しまいます。其の間違いで誰も痛くも苦しくも命の危険もないからです。

しかし、「地域猫・地域猫活動」は正しく広報しないと、何時までも
猫の幸せは訪れません。
TNRと餌やりだけでは、気がつかないうちに猫は増えます。
今日も電話がありました。全てTNRしたけど知らない猫が増えたって。

「地域猫・地域猫活動」は猫による人と人とのトラブルを0にするのが
本来の目的です。
野良猫が原因で猫好きさんと猫嫌いさんで刃傷沙汰になったり法廷に
引っ張り出された方もいらっしゃいます。

猫と人がゆるやかに共生するためには、「地域猫・地域猫活動」が間違った
方向にいっても「まぁ、いいか~」と放っておくわけにはいきません。
地域社会の一員になればこそ猫の、幸せはまもられます。

だから、やめられません。正しい「地域猫・地域猫活動」。

一緒に広報しませんか?

いつもお電話まってますよ~~(^^♪

070-6960-4815
2016年08月09日 (火) | 編集 |
8月5日付けの「地域新聞 習志野版」にこんな記事が載って
いました。
地域新聞さん、勝手に転載してごめんなさい。

習志野の妖怪伝説

[猫の花流し]
津田沼が海岸線のすぐそばだったころのお話。
浜宿という干潟の集落があり、そこに住む「きく」
という子のない嫁がトラ猫を可愛がっていました。

だが、三山の7年祭りのさなか、トラ猫の姿が見えなくなる。
気ままな猫だし、野良猫たちと一緒に出かけているのかな~と
思いつつ、きくが、祭りの最期を飾る花流しを見に行くと・・・・・。

神輿を担ぐ面々やばか面の踊り手、金棒などが皆、半纏の裾から
猫のしっぽを覗かせているではないか。

な、なにこれ!!!

翌朝、疲れた様子で帰ってきたトラ猫が口に咥えていたのは、
二宮と子安(神社だと思う)の榊。
これは安産のお守りだった。

翌年、きくは元気な男の子を授かった。
出典・参考文献
「習志野の民話」習志野民話の会


あっぱれ、トラ猫 \(^o^)/

習志野の妖怪は可愛く偉い妖怪でしたねぇ




先日、あるホームセンターに住みついている野良猫たちを
その敷地内の地域猫にして頂きたく、お願いとご提案をしに
訪問させて頂きました

アポイント無でしたが、次長さんともうお人方が気持ちよく
ご対応くださいました。

習志野市では既に大きな企業さんが地域猫に取り組んで下さって
います。まだ、ならねこが発足前の事でふなねこさんが問題解決に
入って下さっていました。ならねこが発足した頃には企業内の
地域猫となり、ならねこはTNRのお手伝いをしたぐらいです。

今度のホームセンターでは、餌やりさんの解雇問題までは至って
居ないようです。
次長さん、もうお人方も此方の話を頷きながら真摯にお聞きくださいました。
お返事はまだ頂いておりません。

良いお返事が届きますように、また皆様の念をお送り下さいませ。

宜しくお願い致します






2016年08月06日 (土) | 編集 |
4日木曜日にいろんなお願いで、千葉県地域ねこ活動連絡協議会
代表のふなねこさんにご同行をおねがいし、猫の所管に対し
いろんなお願いをしてまいりました。

一つには餌やりさんの負担が少しでも少なくなるように助成金を使える
獣医さんを習志野市内外外問わずどこでも使えるようにして頂きたいこと。

隣の市や都内ですと飼い主のいない猫に対しての理解が深く、とても
低料金でして下さる病院があります

回答はすぐには頂けませんが、頂き次第その他のお願いごともご報告
させていただきますね。

それからまだ、助成金枠に空きがあります。

助成金のお申込みはお早めに(*^。^*)


リンコ洗濯機
毎日暑いね。助成金申し込み、まだ間に合うニャン。
2016年08月01日 (月) | 編集 |
市内のある現場の「地域ねこトイレ」を
いくつかご紹介します。


ここは集合住宅の共有地なのですが、
理事会の皆さんが猫トイレを設置してくれました。

20160718_021020337_iOS.jpg

雨除けもついた立派なトイレですね。

20160718_021030176_iOS.jpg

見えにくいのですが、三角屋根には猫のイラストと、
「ネコをここでしかフンしないよう、誘導しています」の文字が。

清潔感のある地域を目指しているのが、
良く伝わってくる現場です。



他の現場のトイレもご紹介します。

20160422_071813339_iOS.jpg

ここは道路に面した空きスペースにトイレが作ってあります。

作ってあるというより、もともとの状態を壊すことなく、
そこにあった土を掘り起こしたものです。

猫がいろんな場所で糞尿するよりも、
ここでトイレしてくれたら、ボランティアさんも
始末しやすいのです。

20160422_071928655_iOS.jpg

糞尿の始末の後は、バクテリンを撒いて
臭い消しをしています。


さてもう一か所、別の現場を見てみましょう。

20151111_074338388_iOS (800x600)

ここは住宅密集地の現場です。

世話している方のお庭に、プランターで何個もトイレを作っています。

20160708_063729580_iOS.jpg

見事、おしっこしてくれていますね。

綺麗好きのお年寄りが、毎日清掃しています。

__________________

地域ねこ活動において、トイレの設置、糞尿の始末は
とても大事な活動です。

手術をしたからと言って、
猫問題がいきなり消えてなくなるわけではありません。


猫と共生している間は、糞尿の問題はついて回ります。

設置したトイレに「百発百中、糞尿してくれる確証」はありませんが、
一個でも2個でも、他でフンをする機会を減らすよう、
「できるだけ、できるだけ猫の問題を小さくしていく」ためには、
トイレの設置とフン尿の始末は欠かせないのです。

野良猫問題に困っているのであれば、
誰かに苦情を言うのではなく、
自分たちの手で少しでも改善していくことが、
解決の近道です。