千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年05月03日 (火) | 編集 |
昨夜、ウシ君のママさんにお会いしてきましたよ。
若い、可愛いママさんでした。
「お顔がちいさいですね~」と申し上げたら、ウシ君がもどってくるまで
あまり食事がとれなかったようです。「それで痩せたのかな?」と
笑いながら仰っていました。

通報して下さったのは、ご近所さんで道路を挟んだ向こう側に居たそうです。
丁度、彼がいて良かったって
ウシ君抱っこ(小)

ウシ君、獣医さんで検診して頂いたら肝臓の数値が少し高くなっている
だけで、あとは異常なしだそうです。

ママさんは、保健所、警察に届け、獣医さんに迷子ポスターを掲示して頂き
ペット探偵さんに依頼し、まだできる手立てはないかな?と探し、ならねこに
辿り着いたようです。
ですので、よく聞いたらウシ君が戻ってくるまで一カ月弱かかってしまいました。
きっとお腹が空いて、傷んだものや、味の濃いものを食べてしまったのでしょう
すぐに肝臓の数値も下がると思います。
ウシ君(小)

ウシ君は迷子になるまでは彼のほうに懐いていたそうです。
彼もとっても可愛がりお風呂にも入れてくれていたそうですが
帰って来てからは、ママさんのあとばかり追って、彼はウシ君に
「ウシ君のお母さんはボクなんだから~~~」と訴えているそうですよ

ウシ君フローリング

電話で何回もお話していましたので、初めてお会いしたよな
気がしません。私が結婚×2の話しまでしてしまったら、ママさんは
笑いながら「私も一回はしたいとおもっています」って。

きっと、パパとママとウシ君と・・・・・・赤ちゃんが生まれてもウシ君と
赤ちゃんを中心とした楽しい家庭がきずけるでしょう。
こんなふうに

チャキ
この赤ん坊は私の姪、とっくにオババになっています。猫はチャキ。
ハンサムで知らない方に橋蔵という名前をいただいていましたよ