千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年05月28日 (土) | 編集 |
私は市内のAという地域に住んでいます。
かなりの人口密集地です。

Aには20近くの町会があります。
A地域で「地域ねこ活動しているほとんど人」と知り合いです。

日々、いろんな情報交換をしています。

私は、A地域で見かけた猫は、
出来るだけ写真を撮るようにしています。

後に資料として役立つことが多いからです。

そして猫の遺体を見つけたときも
(または通報を受け、引き取りに行ったときも)
出来る限り、その遺体の写真を撮ります。

亡骸の写真撮影は不謹慎かもしれませんが、
その写真があったお陰で
「地域ねこ」と「その猫を世話してくれていた人」が
最後のお別れをすることができた・・・
と言う経験が何度かありました。

亡骸を世話してくれている人に引き渡すこともありますし、
すでに火葬されてしまった後に、世話人が判明し、
「亡骸の写真」を見せて、報告だけすることもあります。

「最後まで見届ける事ができて良かった」と皆さん、おっしゃいます。
_____________________


見るのがつらい写真が、以下に表示されます。
(血は処理してあります)
申し訳ありません。



↓↓↓




kinakoiOS.jpg

この写真は、5月初旬に我が家に持ち込まれた猫の遺体です。
近所のおじさんが処理に困ったということで、持ち込んできました。

頭の損傷が激しく、頭部の写真は撮影しませんでしたが
柄のわかる背中などを撮影しておきました。

おじさんが「どこで」収容したのか、はっきりわからなかったため、
私も「どこの」猫かわからずに居ました。
とりあえず写真だけは保存しておきました。



すると、しばらく経った5月半ば
「世話している猫が5月の初旬から来なくなってしまった」との
相談が入りました。

その子は地域ねこの「きなこ」。
食いしん坊でご飯の時には、他の猫に唸り声をあげ、
威嚇するほどの気の強いメス猫でした。

私は「きなこ」の事はうっすら覚えていました。


きなこは・・・確か・・・薄い色の三毛猫・・・。

薄い色・・・

三毛・・・

はっ!!!薄い色の三毛!?

慌てて以前、Zさんが送ってくれた写真を見ました。

kinako_iOS.jpg
(生前、手術直前のきなこ)

その姿を見て、先日おじさんが持ってきてくれた薄い色の三毛と
同じ柄である事がわかりました。

Zさんに遺体の写真を見せ、きなこである事を確認してもらいました。

「どこに行ったのか心配していました。悲しいです・・・。
 でも見送ることができて良かった」と。


きなこのためにも、Zさんのためにも
写真を撮っておいて良かったと思いました。

動物愛護の気持ちから地域ねこ活動をしているボランティアさんは皆、
できれば家で飼ってあげたいと思っているけれど、
事情があって家では飼えない・・・
だからこそ地域ねこ活動をしている方ばかりです。

外で暮らしていても、
せめて地域の人たちに忌み嫌われないように
毎日毎日、お世話をしています。

そんな子が、ある日突然、目の前から消えてしまったら
とても心配して、ご飯がのどを通らなくなる人も居ます。

毎日いなくなった猫を探し回る人も居ます。

そんな状況を知っている私は、これからも
猫の遺体と向き合い、写真を撮影しようと思っています。

最後のお別れができるようにと願っています。
2016年05月24日 (火) | 編集 |
第1回県ねこセミナーには沢山ご来場下さり
有難う御座いました。

ならねこも独自のセミナーを11月に開催を
予定しております。

今回は今までのセミナー構成と違うものをと
思案中です。

たとえば、
いつも野良猫なんでも相談コーナーの時間に
只今、地域猫活動進行グループや、地域猫に
するために頑張っている方々に体験談を発表して
頂き、それに絡ませて、当日お越し下さった方々の
猫相談をお受けするとか

ならねこはもっと、もっとご出席下さいました方々の
お気持ちを肌で感じたい

そんなセミナーにしたいと思ってこのところ、ない頭を
捻っております。

なにか良い案がございましたら、何卒ご提案下さいますよう
お願い致します。

銀ちゃん(小)
これお前記事の銀ちゃんです。銀ちゃんは保護主様のお庭で
生まれ、保護主様ご一家に可愛がられ、今のパパさん、ママさんに
縁付きました。この度弟ちゃんも出来て更に幸せいっぱいの銀ちゃんです。



子猫誕生のニュースがあちこちから入ってきます。可哀想に殺傷された子猫の
ニュースも飛び込んできました。
やはり猫を守るのは地域の目が必要です。

地域猫活動で「猫による人と人とのトラブルが0」になったら「猫」の部分を
独居老人とか、子供とか、その他の問題に置き換えることができます。

地域猫活動は最強、最良の地域社会を作ります。





2016年05月24日 (火) | 編集 |
お掃除ボランティア募集します!!
場所:大和田新田のとある駐車場
時間:午前8時~9時位
猫が多数生息しており、フン害が起きています。
住民不在のエリアのため、やちねことして「地域ねこ活動」の周知も目的として活動しています。
掃除内容はフンの始末です。
詳細は電話にてお話いたします。
070-5555-1794 鈴木

何卒、よろしくお願いいたします。ki.jpg

2016年05月18日 (水) | 編集 |
一つ目
15日に開かれました「千葉県地域ねこ連絡協議会第1回セミナー」が
盛況でございました。
けんねこセミナー1(小)
定員86名の研修室がほぼ満席でした。

行政の方も遠くは安房から、そして他県から、浦安市の県議さんも
ご出席下さいましたよ。

残念ながら習志野市の職員さんも市議さん、習志野市選出の県議さんも
ご出席かないませんでした。是は偏にならねこの力不足と反省致しております。
セミナーの内容はこのブログのカテゴリーの「お知らせ」をクリックして頂きますと
詳しくアップさせて頂いておりますので、何卒ご覧くださいませ



2つ目は以前ならねこの仲介で里子にいった銀杏君のお便りです。
銀ちゃん、弟ちゃんができたのですって(^^♪
銀ちゃんと弟(小)
優しいパパ、ママにほごされましたよ。銀ちゃん達の名前は
植物シリーズで先住猫の桜お姉さま、銀ちゃんの本名は銀杏君
この弟ちゃんのお名前はなんでしょうねぇ。
銀ちゃんはと~っても優しいお兄ちゃまぶりを発揮しているようです。
桜お姉さまとの仲も少しづつ近づいているとはいえ・・・・・・。

銀ちゃんも遊び相手ができて嬉しいのでしょうね。

あっ、銀ちゃんの写真を保護主様のお孫ちゃんがみたいと
ご連絡がございましたのでお送りしましたよ(*^_^*)


もう1つお知らせが御座いました。
市の飼い主のいない猫の避妊去勢手術費用の申請は今年度から
先着順になりました。
募集期間
  平成28年6月1日から10月31日
  予定頭数が満たされた場合はキャンセル待ち

  飼い猫は
募集期間
  平成28年11月1日から11月15日
  先着順
  ただし、可主のいない猫の募集期間に予定数に達してしまった
  場合、募集はありません。キャンセル待ちをする場合はあります。
環境政策課
  047-453-5579



前記事でお話ししましたように「飼い猫を「飼い主のいない猫として
申請すればよい」と虚偽の申請を知人のSさんに唆せた市議さんに
ついては所管にお話ししてあります。しかし、6月近くなりましたら
再度、念を押させて頂きます。

守らねば、この制度。
ならねこは多くの方に申請して頂き、予算の枠を増やして頂きたいと
思っています。そのためにも

不正は許しませぬ
2016年05月17日 (火) | 編集 |
平成28年5月15日(日)千葉県地域ねこ活動連絡協議会主催
「第一回 地域ねこ活動セミナー」は、盛況のうちに幕を閉じました。

20160516_092155000_iOS.jpg

定員86名の会場が満員になりました。

20160516_092159000_iOS.jpg

セミナーの内容は、
第一部:
やちよ地域ねこ活動 鈴木代表による
地域ねこ活動の目的・考え方・具体的な活動内容について
第二部:
千葉県衛生指導課 菅沢副課長による
「動物愛護法、千葉県の地域ねこ活動事業について」
第三部:
NPOねこだすけ 工藤久美子理事長による
「地域ねこ活動の三者協働、地域ねこ活動実践方法」
第四部:
千葉県連絡協議会 代表らによる
「パネルディスカッション」
第五部:
野良猫何でも相談会 個別相談

中でも千葉県衛生指導課・菅沢さんのお話しはとても興味深いものでした。

・千葉県の地域ねこ活動への歩み
(どのようにして県として活動を推進するようになったのか)
・県による猫の処分状況の推移
(処分数は減少している、なぜ減少することができているのか等)
・千葉県の地域ねこ活動事業としての無料手術について
(申請の条件など)

お話がとてもお上手でわかりやすく、よく理解できました。
これからも協議会は県と共に地域ねこ活動を推進してまいります。

このセミナーを開催するにあたって、
県内のすべての市町村、そして各保健所に
セミナー開催のご案内(ご招待)を郵送にてお送りしました。

どのくらいの数の行政機関が足を運んでくれるか、
まったくわからない状況でしたが、なんと6つもの自治体(保健所含む)が
足を運んでくれました。

しかも他県の機関まで・・・。
遠いところをお越しいただき、誠に有難うございました。

セミナーを聞いていただけた自治体が、それぞれの地域に持ち帰って
地域ねこ活動を市町村で推進してくれるようになれば、
多くの人々、そして不幸な野良猫が救われることになります。

もしセミナーや勉強会を開きたいとお考えの自治体さんが
いらっしゃいましたら、遠慮なくお声がけください。

協議会加盟団体が、喜んで講師・アドバイザーとして参加させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから嬉しいお知らせです!
協議会加盟団体がまた一つ、増えました。

浦安市で活動している「浦安地域猫連絡会」さんです!

地域ねこ活動は「動物愛護活動」ではなく
「地域の環境・まちづくり活動」であるという理念のもと、
7つの県内の団体が今後もセミナーを行なったり、
ブログで皆さんに啓発・広報していきたいと思います。

私達は、「動物愛護」の気持ちから活動を始めた7団体です。

しかし活動を進めていくうちに、
「猫が嫌いだからこそ活動を始める人」や
「地域の環境美化を願って始める方・自治会・町会」などの姿を見て、
「地域の理解と協力求めるのであれば、
愛護活動の枠に留まっていてはいけない。
より多くの方々と協力しあって行くためには、
活動の公益性を訴えていかなければ!」と考え、
すぐに「愛護活動」から「地域の環境・まちづくり」の活動へと
シフトチェンジしました。

私たちの野良猫への愛護精神は、
地域ねこ活動を行なうことによって、不幸な猫を増やさず、
猫たちに安心して生きていける場所を作ってあげられる事で
念願が叶うのです。

嫌いな方・野良猫にお困りの方の気持ちは、
地域ねこ活動を行なうことによって、時間はかかるけれども
基本に忠実であれば、必ず減少していく・・・と言うことで
念願が叶います。


猫が好きであろうと、嫌いであろうと、
「町を良くしたい!野良猫問題を解決したい!」と言う思いがあれば、
みんなが繋がれる活動なのです。

どんな思いから始めても、ゴールは同じなのです。

「野良猫トラブルゼロを目指し、人も猫も安心して暮らせる町づくり」
・・・それが地域ねこ活動なのです。


20160516_092220000_iOS.jpg

20160516_092212000_iOS.jpg

これからも加盟団体それぞれで地域を担当してまいります。
遠慮なくご相談ください。

お越しくださった皆様、
お休みにも拘らず講演してくださいました県の職員の皆様、
行政関係者様、県議会議員様、
NPOねこだすけの工藤様、きや様、
運営に携わってくださったボランティアの皆様、
誠に有難うございました。

20160422_064936642_iOS.jpg
みなさん、ありがとにゃー
2016年05月15日 (日) | 編集 |
昨年、千葉県内で活動する6つの地域ねこ活動団体が集まり、
千葉県地域ねこ活動連絡協議会を発足させました。

千葉県内で~~~
もっともっともっと!!!地域ねこ活動を広げていきたい!!!という思いから、
連絡協議会で、この度、地域ねこ活動セミナーを開催いたします。

(^^)/ (^^)/ (^^)/

↓セミナーのチラシです↓

20160515 千葉県地域ねこ活動連絡協議会セミナーチラシ

【チラシをご希望の方は、こちらをクリックして、PDFチラシを保存し、ご利用ください】

日時:平成28年5月15日(日)
       午後1時開場、1時半スタート、5時半終了

場所:千葉県千葉市、「千葉市生涯学習センター」
    3階 大研修室


セミナー内容: NPOねこだすけ理事長 工藤久美子氏講演
         千葉県衛生指導課職員さんによる講演
         千葉県地域ねこ活動連絡協議会による「地域ねこ活動ってなあに?」
         協議会によるパネルディスカッション
         個別相談

★予約不要、参加費不要 お気軽にお越しください。

★参加団体 NPO法人ふなばし地域ねこ活動
        千葉市の千葉地域ねこ活動
        ならしの地域ねこ活動
        やちよ地域ねこ活動
        佐倉市さくら地域ねこの会
        人も幸せネコも幸せ 以上6団体
____________________

暖かくなってまいりました。各地で地域ねこ活動のセミナーが行われています。
今後、八千代市の「やちねこ」もセミナーを行ないますね。

県内の団体が6つも集まってセミナーを行なうのは初めてのことです。

経験豊富なボランティアや、ねこだすけさんのお話し、
千葉県の現状については県の職員さんから
伺うことができるはずです。

またとない機会ですので、皆さん、ぜひいらっしゃってください。

(^^)/ (^^)/ (^^)/
     
155.jpg
みなさん、来てくださいニャ
2016年05月13日 (金) | 編集 |
習志野市猫の不妊去勢手術費用助成金の募集が
始まります。うの
詳細は、今月15日配布の「習志野広報」かホームページを
ご覧ください。

今回募集の対象猫は飼い主のいない猫です。

これについて大変腹立たしいことを耳にしました。
Sさんに飼い猫を野良猫として虚偽の申請をすれば良い
ある市議が奨めたそうです。

とんでもないことです。
15年から18年までの助成制度が廃止になってしまった理由の
一つにこの問題はあったようです。

只今されている助成制度は市民の皆様にご署名頂き習志野市議会に
請願して採択された制度です。
女の子6000円、男の子4000円の助成ですがノラチャンは1次募集、
2次募集で5匹ずつ申請できます。
飼い猫は2次募集のみで1匹申請可能です。
しかし、申請が多ければ抽選になってしまいます。
もし、抽選になって虚偽の申請者の為に善良な市民がはずれてしまったら、
こんな理不尽なことはありません。

この市議の事は所管に注意していただくようにお願い致しました。
ブログで名前を公表しようと思いましたが同じ会派の議員さんに
ご迷惑がかかると申し訳御座いませんのでやめました。

今日はあまり気持ちの良い話でなくてすみません。
お口直しになるかわかりませんが、頂いた菜の花を調理せず
咲かせたら今年は上手に種が採れました。
菜の花(小)
エヘッ、芽がでました。
相変わらずボケた写真ですけど可愛いでしょ(^_-)-☆
大事に育てて咲いたら、おしらせしますね。

鉢植え
これはスーパーで買ったサラダなどに使うブロッコリースプラウト
大きくなりました。
いつも、敬服します、命の強かさ、種の保存の一途さに。

その一途な気持ちを人間の都合で奪ってしまうのです。
だからこそ猫達がのびのび暮らせる地域社会を作りたい。

ンラチャンがきになるかたは何卒、なにとぞ今一歩の勇気を。


2016年05月07日 (土) | 編集 |
とある駅「付近で結膜炎が酷く保護されたぱんち君のママさんから
お便りが届きました。

去年お忙しくてできなかったぱんち君の初節句のお祝いを
したそうです。

ママさん、本当の飾り兜を買おうと思ったけど、ぱんち君はそんな
高価な物買うんだったら、おやつ沢山のほうが喜ぶよ~と
皆さんに笑われてやめたそうです。

それではと
ぱんちくん陣羽織(小)
陣羽織、なかなか男前で、きりっとしてるでしょ(^^♪

ぱんちくん陣羽織後ろ(小)

後ろ姿は猫梅鉢紋(梅鉢紋は加賀前田藩)に名前入りです。
どうです、後ろ姿も凛々しくきまっているでしょう。


地域猫活動は「猫による人と人とのトラブルを0にする活動です。
しかし猫によって人と人とが繋がっていろんな輪が作れます。

貴方の町に笑いの輪、優しさの輪を沢山たくさん作りませんか?

先日の町会長さん廻りは都合が悪くなり少し延期になっています。
只今、連絡待ちです。

少しでも飼い主のいない猫がお気にかかりましたらご連絡ください。

ならねこと行政と一緒に考えましょう。

NPOねこだすけはいのちにやさしい

まちづくりを目指しています


でんわ 070-6960-4815










2016年05月03日 (火) | 編集 |
昨夜、ウシ君のママさんにお会いしてきましたよ。
若い、可愛いママさんでした。
「お顔がちいさいですね~」と申し上げたら、ウシ君がもどってくるまで
あまり食事がとれなかったようです。「それで痩せたのかな?」と
笑いながら仰っていました。

通報して下さったのは、ご近所さんで道路を挟んだ向こう側に居たそうです。
丁度、彼がいて良かったって
ウシ君抱っこ(小)

ウシ君、獣医さんで検診して頂いたら肝臓の数値が少し高くなっている
だけで、あとは異常なしだそうです。

ママさんは、保健所、警察に届け、獣医さんに迷子ポスターを掲示して頂き
ペット探偵さんに依頼し、まだできる手立てはないかな?と探し、ならねこに
辿り着いたようです。
ですので、よく聞いたらウシ君が戻ってくるまで一カ月弱かかってしまいました。
きっとお腹が空いて、傷んだものや、味の濃いものを食べてしまったのでしょう
すぐに肝臓の数値も下がると思います。
ウシ君(小)

ウシ君は迷子になるまでは彼のほうに懐いていたそうです。
彼もとっても可愛がりお風呂にも入れてくれていたそうですが
帰って来てからは、ママさんのあとばかり追って、彼はウシ君に
「ウシ君のお母さんはボクなんだから~~~」と訴えているそうですよ

ウシ君フローリング

電話で何回もお話していましたので、初めてお会いしたよな
気がしません。私が結婚×2の話しまでしてしまったら、ママさんは
笑いながら「私も一回はしたいとおもっています」って。

きっと、パパとママとウシ君と・・・・・・赤ちゃんが生まれてもウシ君と
赤ちゃんを中心とした楽しい家庭がきずけるでしょう。
こんなふうに

チャキ
この赤ん坊は私の姪、とっくにオババになっています。猫はチャキ。
ハンサムで知らない方に橋蔵という名前をいただいていましたよ







2016年05月01日 (日) | 編集 |
嬉しいご報告です。

迷子のウシ君、30日夕刻、無事保護されました。

ほんなあほな様、皆々様に大変ご心配頂き感謝いたして
おります。

落ち着いたら元気な写真を送って下さるそうです。
其の時は、またアップさせて頂きますので、
是非、ご覧になって下さいませ。

有難うございました。


リンコ洗濯機

同じ白黒ですが是はうちのりんこです。
写真が届くまでリンコ、身代わりです。
リンコもホットしています。

有難うございました。