千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年02月24日 (水) | 編集 |
久々のふなねこです。

このブログは、千葉県地域ねこ活動連合協議会のメンバーである団体の
特色がよく表れたブログになっていて、面白いブログになったなーと
思っています。(自画自賛ですみません)
読者の皆様はどう思われますか?(^^)

20160119_075702467_iOS (600x800)

(↑↑ふなねこで保護していた子猫。無事に素敵なご家族に譲渡できました)

さて「ふなねこ」の近況です。

春が近くなってくると相談は一気に増えてきます。

最近続いているのが・・・
「本気で解決したいと思って相談してくる高齢者」さんからのSOS。

今までは「お金がない」「車がない」
「近所は冷たい人ばかりだからどうにもできない」
「体力がない」・・・だから何にもできない、団体でなんとかしてくれという
高齢者さんからの相談が多かったのですが、
このところお会いする相談者さん達は、
「できないことが多いからこそ、地域の人や団体にSOSした。
だけど自分でできる事は頑張ってやってみる!」
という方が多かったです。

その方々も、それまでずっと一人で問題を抱え込んでいたけれど、
「このままじゃいけない」と気づいてくれて、
周りの人間(団体)にSOSを発したんだと思います。

20160111_091741482_iOS (600x800)


ある地域の高齢者(お爺さん)のケースです。

一人でエサをやり続けていたけれど
猫は増えてきてしまったし、苦情も出てきたということで
ふなねこと自治会にSOS してきました。

このお爺さんと他の相談者の違いは「自治会にSOS」したことです。

苦情を言われて頑なになる人が多い中、
お爺さんは勇気をもって自治会にSOS。

結果、それが良かった!(^^)/

ふなねことお爺さんは役員会に出席し、
役員の皆さんに窮状を訴えました。

野良猫問題をお爺さん個人の問題ととらえず、
「地域の問題だ!なんとかしなきゃ」と考えてくださった役員さん達は
すぐに地域ねこ活動に同意してくれました。

お爺さんを中心に、地域ねこ活動グループを結成し、
船橋市の団体登録に申し込みました。

TNRはふなねこも手伝いましたが、
全部をふなねこが行うのも良くないと考えています。

ふなねこがTNRするのは、始めだけ。
私たちの役割は、TNRのやり方をお伝えして、
地域の人たちにどんどん参加してもらうこと。

私たちとお爺さんだけが活動してはいけない。
地域の人たちに手伝ってもらってこそ、地域ねこ活動

だと思うのです。

野良猫でお困りの方へ。
どうしてよいかわからず色んな団体にSOSをする事と思います。

SOSする際は、団体だけでなく、
自身のご家族や地域の住民にもSOSしてください。

そしてご自身でできる事を最大限行なってください。
本気で取り組んでください。

本気で取り組む方々であれば、協働パートナーとして
共に真剣に取り組んで行きたいと思います。

20160221_091559942_iOS (800x600)

写真はお爺さんの地域でTNRした猫。
お爺さんや地域の皆さんのお蔭で「地域ねこ」になれました。
これからはビクビクして生きることもありません。
穏やかに天寿を全うできるよう、ふなねこもサポートします。
2016年02月24日 (水) | 編集 |
保護した子ダヌキポンポコは雌ダヌキに投げ飛ばされたとき
腰を強く打ってしまったのでしょう、後躯麻痺と疥癬になっていました。
疥癬は2回の注射で退治できました。

可愛いお顔になりましたよ(^^♪

麻痺は西洋医学では、絶望的のようでした。でも、何とか歩けるように
してあげたくて、プロポリスをのませてみました。飲ませたプロポリスは
水抽出で甘くおいしのです。人間は舌下吸収がより効果的と
言われていましたので私は舌下吸収、ポンポコはシリンジで・・・。
美味しそうに良く飲んでくれましたよ。

今なら麻痺が神経だけの問題ではなく、筋肉も大いに関係している
ことがあるブログを拝見して私にも理解できるようになりました。
今なら迷わず行っているでしょうね~、その整体院へ。
だって、動画を見ると施術する前と後では犬の動きが全く違うのです。

お時間が御座いましたらご覧になってみてください。
此方です↓↓↓
中野の筋引き整体師臣ちゃんのブログ

ポンポコはプロポリスで少し効果がでたのか、ほんの少しだけ立つことが
できるようになりました

ほんのちょっとです。それでも私は嬉しかった。
あぁ~希望がでてきた~と思いました。

でもね、でもね歩けないのです。
ポンポコはそんな自分の足にイライラして噛み壊していました。
仕方なくエリザベスカラーをつけて阻止します。
しかし、賢いポンポコははずしかたを直ぐ習得してしまいました。
再度つけようとすると怒って咬もうとするので、後ろ向きになっている時に
輪にしてズボっとはめてやりましたよ(*^^)v

お外のお散歩のときはカラーをはずしてあげます。ポンポコも楽しそうです。

でも、歩けない、いざるとお尻の皮がずるむけてしまうのです。
麻痺しているので痛みが感じないようでした、。
それで私が後ろ足をもつと前足だけで楽しそうに、タッタカ、タッタカ
歩きます。疲れると抱っこして、ご近所を散歩しました。

ご近所の皆さんにも可愛がられました。

家の中でも自由にと、サークルから出してあげました。嬉しそうに所狭しと
いざります。
いざるとオ○ン○ンが刺激されてオチッコでフローリングに模様が
できてしまいます。


エヘッ、ペット用おしめ買ってきました。
さあ、これでどんなに動いても大丈夫

可愛いポンポコとの生活はどのぐらい続いたでしょうか?


文章力がなくて済みません。本日もタイムオーバーです。

この後は「続く」にして下さい