千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年02月22日 (月) | 編集 |
20日に習志野市第1号地域猫活動取り組み地域の報告会が
開かれました。
団地出席者は30人ぐらいいらして下さったでしょうか。
自治会館の椅子が結構うまっていましたからねぇ(*^_^*)

まず、町会長さんや猫会の会長さんのご挨拶。
私も少しご挨拶させて頂きました。

香澄報告会町会長(小)
いつも優しい町会長さんです。

さあ、猫の会の会長さんの活動報告の始まります。

①地域猫の会発足の背景
②飼い主のない猫はどうしているの?
③野良猫問題解決策としての「地域猫活動」
④トイレ設置と餌やり
⑤不妊去勢手術の必要性と有効性
⑥猫個体数の確認、地域猫として認定、画像で名前も紹介等々

とっても分かりやすい報告会でした。
中でも素晴らしいと思ったことは地域猫活動を
 
 *野良猫問題を解決するために地域住民が

 これは自分たちの問題」と認識することが重要

 *野良猫問題を環境保全の問題として捉える


と訴えていることです。

とかく地域猫活動は愛護活動と捉えてしまう方、団体が多い中
よくぞ数カ月でここまでお勉強して下さいました。

活動報告に1時間、質疑応答に1時間を予定しておりましたが、
質問は猫の個体数の推移、野良猫と地域猫の違いの確認
ぐらいで反対意見は何もなく3時には終わってしまいました。
よって、私の出番はありませんでした\(^o^)/

もうこの地域のノラちゃんは隠れなくても良いのです。

ここの地域社会に認められたのです。

猫に代わりましてならねこは地域猫の会の皆様に感謝致します


くどくて済みません。また言わせて下さい

地域猫活動は動物愛護を前面に出すと猫嫌い、糞尿被害に
あっている方の反感を買い失敗しましす。

地域猫活動は猫による人と人との


トラブルを0にするのが本来の目的です。


その道程で殺処分が0になったら良いね


嬉しいねということです。

皆さんも地域の方を呼びかけて「いのちにやさしいまちづくり」
はじめませんか?

070-6960-4815  お電話下さ~い\(^o^)/