千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2016年02月24日 (水) | 編集 |
久々のふなねこです。

このブログは、千葉県地域ねこ活動連合協議会のメンバーである団体の
特色がよく表れたブログになっていて、面白いブログになったなーと
思っています。(自画自賛ですみません)
読者の皆様はどう思われますか?(^^)

20160119_075702467_iOS (600x800)

(↑↑ふなねこで保護していた子猫。無事に素敵なご家族に譲渡できました)

さて「ふなねこ」の近況です。

春が近くなってくると相談は一気に増えてきます。

最近続いているのが・・・
「本気で解決したいと思って相談してくる高齢者」さんからのSOS。

今までは「お金がない」「車がない」
「近所は冷たい人ばかりだからどうにもできない」
「体力がない」・・・だから何にもできない、団体でなんとかしてくれという
高齢者さんからの相談が多かったのですが、
このところお会いする相談者さん達は、
「できないことが多いからこそ、地域の人や団体にSOSした。
だけど自分でできる事は頑張ってやってみる!」
という方が多かったです。

その方々も、それまでずっと一人で問題を抱え込んでいたけれど、
「このままじゃいけない」と気づいてくれて、
周りの人間(団体)にSOSを発したんだと思います。

20160111_091741482_iOS (600x800)


ある地域の高齢者(お爺さん)のケースです。

一人でエサをやり続けていたけれど
猫は増えてきてしまったし、苦情も出てきたということで
ふなねこと自治会にSOS してきました。

このお爺さんと他の相談者の違いは「自治会にSOS」したことです。

苦情を言われて頑なになる人が多い中、
お爺さんは勇気をもって自治会にSOS。

結果、それが良かった!(^^)/

ふなねことお爺さんは役員会に出席し、
役員の皆さんに窮状を訴えました。

野良猫問題をお爺さん個人の問題ととらえず、
「地域の問題だ!なんとかしなきゃ」と考えてくださった役員さん達は
すぐに地域ねこ活動に同意してくれました。

お爺さんを中心に、地域ねこ活動グループを結成し、
船橋市の団体登録に申し込みました。

TNRはふなねこも手伝いましたが、
全部をふなねこが行うのも良くないと考えています。

ふなねこがTNRするのは、始めだけ。
私たちの役割は、TNRのやり方をお伝えして、
地域の人たちにどんどん参加してもらうこと。

私たちとお爺さんだけが活動してはいけない。
地域の人たちに手伝ってもらってこそ、地域ねこ活動

だと思うのです。

野良猫でお困りの方へ。
どうしてよいかわからず色んな団体にSOSをする事と思います。

SOSする際は、団体だけでなく、
自身のご家族や地域の住民にもSOSしてください。

そしてご自身でできる事を最大限行なってください。
本気で取り組んでください。

本気で取り組む方々であれば、協働パートナーとして
共に真剣に取り組んで行きたいと思います。

20160221_091559942_iOS (800x600)

写真はお爺さんの地域でTNRした猫。
お爺さんや地域の皆さんのお蔭で「地域ねこ」になれました。
これからはビクビクして生きることもありません。
穏やかに天寿を全うできるよう、ふなねこもサポートします。
2016年02月24日 (水) | 編集 |
保護した子ダヌキポンポコは雌ダヌキに投げ飛ばされたとき
腰を強く打ってしまったのでしょう、後躯麻痺と疥癬になっていました。
疥癬は2回の注射で退治できました。

可愛いお顔になりましたよ(^^♪

麻痺は西洋医学では、絶望的のようでした。でも、何とか歩けるように
してあげたくて、プロポリスをのませてみました。飲ませたプロポリスは
水抽出で甘くおいしのです。人間は舌下吸収がより効果的と
言われていましたので私は舌下吸収、ポンポコはシリンジで・・・。
美味しそうに良く飲んでくれましたよ。

今なら麻痺が神経だけの問題ではなく、筋肉も大いに関係している
ことがあるブログを拝見して私にも理解できるようになりました。
今なら迷わず行っているでしょうね~、その整体院へ。
だって、動画を見ると施術する前と後では犬の動きが全く違うのです。

お時間が御座いましたらご覧になってみてください。
此方です↓↓↓
中野の筋引き整体師臣ちゃんのブログ

ポンポコはプロポリスで少し効果がでたのか、ほんの少しだけ立つことが
できるようになりました

ほんのちょっとです。それでも私は嬉しかった。
あぁ~希望がでてきた~と思いました。

でもね、でもね歩けないのです。
ポンポコはそんな自分の足にイライラして噛み壊していました。
仕方なくエリザベスカラーをつけて阻止します。
しかし、賢いポンポコははずしかたを直ぐ習得してしまいました。
再度つけようとすると怒って咬もうとするので、後ろ向きになっている時に
輪にしてズボっとはめてやりましたよ(*^^)v

お外のお散歩のときはカラーをはずしてあげます。ポンポコも楽しそうです。

でも、歩けない、いざるとお尻の皮がずるむけてしまうのです。
麻痺しているので痛みが感じないようでした、。
それで私が後ろ足をもつと前足だけで楽しそうに、タッタカ、タッタカ
歩きます。疲れると抱っこして、ご近所を散歩しました。

ご近所の皆さんにも可愛がられました。

家の中でも自由にと、サークルから出してあげました。嬉しそうに所狭しと
いざります。
いざるとオ○ン○ンが刺激されてオチッコでフローリングに模様が
できてしまいます。


エヘッ、ペット用おしめ買ってきました。
さあ、これでどんなに動いても大丈夫

可愛いポンポコとの生活はどのぐらい続いたでしょうか?


文章力がなくて済みません。本日もタイムオーバーです。

この後は「続く」にして下さい




2016年02月22日 (月) | 編集 |
20日に習志野市第1号地域猫活動取り組み地域の報告会が
開かれました。
団地出席者は30人ぐらいいらして下さったでしょうか。
自治会館の椅子が結構うまっていましたからねぇ(*^_^*)

まず、町会長さんや猫会の会長さんのご挨拶。
私も少しご挨拶させて頂きました。

香澄報告会町会長(小)
いつも優しい町会長さんです。

さあ、猫の会の会長さんの活動報告の始まります。

①地域猫の会発足の背景
②飼い主のない猫はどうしているの?
③野良猫問題解決策としての「地域猫活動」
④トイレ設置と餌やり
⑤不妊去勢手術の必要性と有効性
⑥猫個体数の確認、地域猫として認定、画像で名前も紹介等々

とっても分かりやすい報告会でした。
中でも素晴らしいと思ったことは地域猫活動を
 
 *野良猫問題を解決するために地域住民が

 これは自分たちの問題」と認識することが重要

 *野良猫問題を環境保全の問題として捉える


と訴えていることです。

とかく地域猫活動は愛護活動と捉えてしまう方、団体が多い中
よくぞ数カ月でここまでお勉強して下さいました。

活動報告に1時間、質疑応答に1時間を予定しておりましたが、
質問は猫の個体数の推移、野良猫と地域猫の違いの確認
ぐらいで反対意見は何もなく3時には終わってしまいました。
よって、私の出番はありませんでした\(^o^)/

もうこの地域のノラちゃんは隠れなくても良いのです。

ここの地域社会に認められたのです。

猫に代わりましてならねこは地域猫の会の皆様に感謝致します


くどくて済みません。また言わせて下さい

地域猫活動は動物愛護を前面に出すと猫嫌い、糞尿被害に
あっている方の反感を買い失敗しましす。

地域猫活動は猫による人と人との


トラブルを0にするのが本来の目的です。


その道程で殺処分が0になったら良いね


嬉しいねということです。

皆さんも地域の方を呼びかけて「いのちにやさしいまちづくり」
はじめませんか?

070-6960-4815  お電話下さ~い\(^o^)/ 


2016年02月21日 (日) | 編集 |
深夜です。
健全な生活を過ごしているのと、齢のせいで、よいっぱりというのができなくなりました。
でも、お礼だけは伝えておきたいと思います。
まず、振り込みのご寄付がありました。S・S様ありがとうございました。
おそらく、毎月の街頭活動で配布しているリーフレットをご覧になってのご寄付だと思います。
ご寄付は、普及・啓発のために必要なインクや紙代に使わせていただきます。
また、小袋の良質なドライフードをたくさんいただきました。
八千代台でペットサロンを経営しているWAN STEPさん、ありがとうございました。
お話をお聞きすると、なんでもよくご存知なので、とても勉強になりました。

八千代緑が丘駅前での街頭活動も多くの方にご寄付をいただいたり、お話を伺えてありがとうございました。
本日(2/20)、八千代市主催の「誰かの役に立つ活動に生きがいを見つけよう!」企画が総合生涯学習プラザにおいて行われました。
やちねこもブースを出して、パネル展示やご来場者さんとお話しする機会をもてました。
八千代市の市民活動、どんどん盛り上がっていっています。
新しい企画も次々と計画されています。
市民活動同志のつながりも生まれ、楽しいです。また、お誘いしますね!!
やっち
やっち

2016年02月19日 (金) | 編集 |
本日は町会4か所回ってきました。なのでと~っても疲れました。
(情けない(ーー;)

回ってきたお話とタヌキのポンポコのお話は後日にさせて下さい。
すみません。


代わりに先日、届いた幸せぱんち君のお誕生日の写真を
ご覧くださいませ。

ぱんち君警察の保管期日3カ月だ満了になったその日が
お誕生日になりました。

パパからのお刺身プレゼントです。
ぱんちくんパパとお刺身



早いですねぇ~、保護されてからもう1年が経ちます(*^^)v
ぱんちくんお刺身

2016年02月12日 (金) | 編集 |
奥さんが亡くなってからお父さんタヌキは一人で食事にきていました。

タヌキ夫婦
もう、このような姿を見ることはできません。


おとうさんは一人で子育ては大変だったのでしょう。
多分、夫婦二人で子どもたちの分は胃の中に入れて運んでいたのです。
いつもより小さい子タヌキを連れてきました。

まぁ、ころころ、ころころ、タヌキ食堂はまたまた賑やかになりましたよ~。
そんな子タヌキの食堂への引率は大変だったのでしょう。
お父さん、良い所を見つけました・・・・・・・我が家の倉庫です。
お庭の倉庫を仮の寝所ときめたようです。

他人に厳しく、自分と動物にはあま~い私です。エッへっへっ
まぁ、大したものも入ってないのでいっか~と思いましたが
退去したあと大変でした・・・・・・う○ちの山でした。
それをまた、自分にも、他人にも、動物にも甘い兄が黙々と掃除を
してくれました。

タヌキ一家は可愛くて、可愛くて食事も喜んでもらおうと
いろんなものを試しました。食パンに牛乳とか、うどんとか。
1番スパゲッティがお気に入りのようでした。
毎晩、鶏肉を茹で細くさいて、茹でたスパゲッティと軽く炒めて
だします。
子タヌキ達の食べっぷりを見て私も幸せ一杯でした。


そんなある日、若い(?)雌タヌキがやってきました。
おとうさん、最初は子タヌキを守って応戦していたようですが、
子タヌキが逃げ方が上手くなったのか、お父さんがそのタヌキに
陥落されてしまったのか、そんな光景は見なくなりました。
タヌキ一家は変わりなく食べてくれているし、平和が戻ったのかな~と
思い始めたそんなある日、兄が重大発言をしました。



「すっげえな~、あの雌タヌキよ~、子ダヌキの首根っこ咥えて
ブランブラン振ってから投げ飛ばしていたぞ~」だって


私はそんな光景を見ることもなく心配していたある日の
昼下りやってきました、近所の子供たち


「おじちゃ~ん、子ダヌキがそこのUジコウの中で動けないの
たすけてあげて」と5,6人で兄に懇願していました。

急いで行ってみると逃げ遅れた子ダヌキがユージコウの中から
我々を見上げました。


兄はすぐさまふたを開け抱きあげました。私に相談もなく
もう、反射的です。だってぇ~、どうせ、面倒見るのは
私です。良いんですけどねぇ


其の日はダンボールに入れておきましたが、翌日大きめのサークルを
購入し、野生動物保護ボランティアの登録(登録しないと野生動物は
飼育ができません)をし、其の子との暮らしを始めました。

名前はそのまんま、「ポンポコ」です。

可愛い、可愛いポンンポコとの生活は、また次回にさせて下さい。

宜しくお願い致します


あっ、本日は少しだけ猫ブログらしいお知らせがあります。
4月から犬猫の主務所管がクリーン推進課から環境保全課に
かわります。
クリーン推進課は茜浜に全てお引っ越しだそですから、お間違え泣きように。

4月から犬猫の主務所管は環境保全課です。


宜しくお願い致します。







2016年02月08日 (月) | 編集 |



我が家のタヌキ大食堂はそれから4~5年私が其の家を
でるまで子育ての時期だけ開店いたしました。

子タヌキ


でも、テレビのドラマにもよくナレーションが流れますよねぇ、
「その幸せは長くはつづきませんでした」と。


ある日、母さんダヌキの様子がおかしいのに気がつきました。
体毛が薄くなっている???

翌日、上野動物園に聞いてみました。

お答は「疥癬」でした。

ハクビシンから始まってタヌキもバタバタ死んでいる、と
もう大変です。疥癬など忘れていました。

其の時は県に「鳥獣管理対策室」なるものがあるなんて
知りませんでしたが、なんとかそこに辿り着き治療をしたいから
捕獲して下さい、と頼みました

早速、鳥獣管理対策室の方が2,3人来て下さいましたが、我が家の
地形上無理、残念だが捕獲できないと帰られました。


さあて、困ったと手を拱いているある日の午後3時頃、外出から戻ると庭に
母さんタヌキが来ていました。殆ど丸裸に近い状態でした。

お腹が空いたのかと急いで食べ物を出しましたが、母さんタヌキは
もう土管の中に体を入れて帰ろうとしていました。

「お腹すいたのではないの?」と声をかけましたが、振り向いては
くれませんでした。

母さんタヌキが帰った後、私は考えました。

何故この時間に来たのだろう?
いつも6時ぐらいなのに・・・・。

で、行きついたところは、お別れに来たのではないか?
子供たちのことを、頼みに来たのではないか?


あぁ、そうだ、きっとそうだ・・・・・・このまま夜来なければ・・・・


私は祈る気持ちで夜、餌を食べに来てくれるのを待ちました。



母さんタヌキは来てくれなかった・・・・・・・

夜中の2時頃までお台所で泣きました。



翌朝、ご近所のご主人がタヌキがうちの庭で死んでいたので
そこの雑木林に埋めたよと教えて下さいました。


やっぱり、母さんは私に子どもを託していったのです。
どんな動物でも思いは人間とかわりません。



そして、これからがこのタヌキ遺族には大変でした。



長くなりますので今日これくらいにします。


また、お付き合いくださいませ





2016年02月06日 (土) | 編集 |
最近は、暖かい日が多くネコものんびりしています。

そんな中、地域ねこ対策は着実に進めています。
現在千葉市では、大掛かりな現場が3か所ありまして
特に2か所では約100頭そして約50頭の現場での予算が
頭数分まで満たないのです。

勿論現場でも、皆さんの協力でも少しづつ集まっておりますが
中々頭数分にたどり着くには難しいようです。

現場を管理している方達も、地域の問題として受け止め主体となり
2回目の話し合いも、担当して頂ける部分を確認しました。
皆さんの一つ一つの力が、協力することにより
大きな力になり、住みよい町作りになりますね。


振込先 ゆうちょ銀行  
   記号 10540   番号313341
   ちばちいきねこかつどうのかい

他の金融機関からの振込先
   店名 〇五八(読み ゼロゴ八チ)
   店番 058  預金種目 普通預金
   店番号 0031334
   ちばちいきねこかつどうのかい

皆様の温かいご寄付を宜しくお願い申し上げます。





2016年02月05日 (金) | 編集 |

地域猫のミキオと次郎
微妙な距離間が面白い!