千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2017年10月30日 (月) | 編集 |
 この子たちに愛を 
生後6か月。
「虐待がエスカレートしているので、危険」との通報により保護しました。
人へのトラウマは幸運にも見られません。
終生、大事な家族として迎えて下さる方を求めています。
いつもくっついている仲良し姉妹なので、一緒に迎えて下さるとこの子たちも安心できます。
どうか、よろしくお願いいたします。070-5555-1794鈴木
DSCN0696_20171030001235128.jpg
DSCN0681_201710300014301c8.jpg

2017年09月11日 (月) | 編集 |
今回は、やちねこの会員を求めています!というお願いです。
やちねこはとてもとても小さいグループで、ばんばん活動したくても
人がいないと叶わなかったりしています。
街頭活動、毎月 やっていますが、ほそぼそです。
やちねこに入っても、猫をさわることはありません。
もしもあなたが猫に、野良で生きている猫に何か力を貸したいのなら、
地域猫活動を広める、伝える・・・この活動は遣り甲斐になると思います。
もしもあなたが現場に入って猫にごはんをあげたいのなら、私の現場のお手伝いを一日でもいいから頼みたいです。
以前もこのブログでサポートをお願いしたけれど、誰も来なかった。
できることをしてもらえればそれでいいのです。
私も頼み下手で、自分でやればいいという愚かなところがありますが、
けっこうふうふうものです。
やってもいいよ、という軽いノリでもけっこう。
また、猫の活動を自分なりにしているけれど、これでいいのかと思っていたり、社会に働きかける必要性を感じていたら
連絡してください。一緒によりいい世の中を求めませんか

地域猫活動、八千代市・・・なかなか進まんわい。
ばんばんやっている力強い地域も複数ありますが、新たな地域ができませんねえ。
自分がえさやりして困っているという電話が多いです。
やちねこに猫を引き取ってほしいとの依頼が多いです。
ごめんなさい。譲渡や保護はしていません。
そうですか~と電話を切らないで。
困っている気持ちはわかるし、できることはお手伝いすると言っているのに、電話が終わってしまうと
自分の非力さに直面します。
困っていると大きな声で言って、解決策を探りましょう。
あなたの電話を待ってます。
yjimage3RMJQRMK_20170910220925ef1.jpg
070-5555-1794
2017年07月16日 (日) | 編集 |
暑くてばててしまいそうですが、元気ですか?
先日、八千代市のある自治会の有志のグループ「○○地域ねこ活動」さんから
ポスターを作ったと家のポストに入ってた。
今、精力的に活動を始めているグループがあります。
ポスターのタイトルは
僕は・・・生きていても 良いのですか・・・?


やちねこは、「いのち」について語ってきていない。
心に響かない人たちをたくさん見てきたからだと思うのと、
環境問題の側面で野良猫問題をとらえたほうがいいと思っていたから。
でも、環境・・・と言っても人の心はなかなか動かない。
こんなちっちゃな子猫が殺処分されてしまう現実を…なんとかストップさせたいと願う気持ちのほうが
地域猫活動に取り組むエネルギーになるのなら、それもいいのかもしれない。
こねこ

「地域猫活動」を手伝おう、始めよう・・という人は・・・少ない
地域猫活動は、「あなた(猫)を管理する代わりに、ここに暮らしていいよ」という側面もある。
同時に、被害に遭っている人も救済される。
先日、私の現場に猫が捨てられた。
妊娠中だった。
捨てた人は、あとはお願いという気持ちだったのか
この現場以外にも、多くの子猫を捨てる人たちがいる。
人の情けは紙より薄い・・のでしょうか


やちねこ、勝田台図書館とコラボ企画(かっこよすぎ(ノω`*)ノを予定しています。
また、報告させていただきます。
2017年06月28日 (水) | 編集 |
こんばんわ。
八千代市の皆様にお願いです。
お願いが遅くなりましたが、6/1~7/18の期間、「市民活動団体支援金」の選択届が始まっています。やちねこは少人数の会員でほそぼそと活動しているせいか、宣伝が非常に弱いんです。
毎月、街頭活動はなんとか頑張って行っていますが、電話で友人や知人に「選択届、よろしく」の一言がなかなか言えていないんです。
たいへん!期間が終わってしまう(💦)とブログにて訴える次第です。
「市民活動団体支援金」でやちねこの応援をよろしくお願いいたします!!
詳しくは6/1の広報やちよ(もう捨てちゃった?)に掲載されています。
今年からは18歳以上ならどなたでも申し込めます。
市役所のHPからも申し込めますよ~やちねこ - コピー070-5555-1794
皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。
2017年05月08日 (月) | 編集 |
4月に入って3つの自治会と関わった。
どちらも有志の声から始まった。
思えば、有志の方々とは1~3年くらいのお付き合いをしていた。
ひとつめの自治会のケース Nさんは近所の猫たちをほおっておけなくて、自腹で不妊去勢手術をしていた。私には「捕獲器貸してもらえますか?」の時だけ連絡がきた。「手術してもご近所にフンしていると思うので、苦情が来るかもしれないですよ」とだけ、伝えていた。不妊手術すればそれで解決と思ったら大間違い。フン害は依然あるし、「えさあげてるんだから手術するのが当たり前」としか思ってくれない。そんなものだ。で、あるときNさんの知り合いのMさんが相談したがっていると連絡があり、Mさんの件で私と一緒に自治会長さんに会ったもらったのだ。人のためならとNさんは初めて自治会長と猫の話をした。
私の話は「地域猫活動」しかない。会長さんは意欲的で、関心を示され、協力的だった。
そうなると「地域猫活動」に対して興味を示さなかったNさんもかやる気になった。
自治会長の協力を得て、自治会館で地域猫活動の勉強会を開き、最初は反対の声も上がったが、反対者も理解を示され、最終的に二つの有志グループができた。Nさんグループには広報が得意なIさんがリーダーとなって、今は回覧作成中。
二つ目の自治会。
4月1日の広報やちよや持参でYさんに呼ばれて公民館のロビーで自治会長にお会いした。今年度の自治会長さんである。
[前任者からは何も聞いていないよ]と、ちょっとつっけんどん。
「ていねいに、順序立ててやりたいんですよ。あんたらの思うようにはならないよ。」みたいなことを仰る。
反対ではないけど、まずは班長さんに実際に問題が起きているかリサーチしてもらって、1か月後の役員会でリサーチの結果を伝えていただき、問題あれば、その班で話し合いをもち、「地域猫活動」に取り組むか否かを決めてほしい。と。
聞いていて頭痛がしてきたけれど、「でも」は通じなそうだった。とりあえず翌週の役員会には話す時間をいただけた。
そして、役員会。15名の役員の方々は「今まで自腹で手術していたなら、この八千代市の助成金で手術したらいいのでは」「やることに決めましょうよ。9月で市の助成金は締め切りになるなら、時間かけていられないでしょ」「次の回覧で議事録を流して、反対者は言ってもらえば」などど前向きで、会長さんが今度は「でも」と言えなかった。有志のグループが固まっていない様子なので、やちねこがサポートしていくことになった。
三つ目は次回にします。読み返すこともなく、公開してしまいます。乱文にて失礼しました。
さて、最近はやちねこメンバーが勉強会で話をしたり、活動グループのサポートをしています。
動ける人がやる、でいいと思います。
あなたも、やちねこメンバーになりませんか?     おしまいは募集じゃ

2017年04月16日 (日) | 編集 |
いろいろありまして、なかなか更新できず。
短いけどちょっとだけ書きたい。なんせ、11時PMに夕食中なもんで。

八千代市内で新たな「地域猫活動」に取り組む自治会が生まれそう
2, 3の自治会が動きそうです。
4月から新しい会長になると、事態が変わってきています。
4/1の広報八千代も力になってくれます。
あなたが悩んでいるなら、困っているなら、ご自分の住む地域の自治会に働きかけませんか?
やちねこもお手伝いします。
先月も来月も自治会に招かれて、お話しさせていただいています。
困っている人がほっとするのがいい。とてもうれしい。ぜひ、やちねこをあなたの街に呼んでください。
th[8]
070-5555-1794 鈴木
2017年02月16日 (木) | 編集 |
大募集!!来たれ!協力者さん!

内容:野良猫さんたちのえさやり
場所:八千代市大和田新田の広い駐車場
時間:18時ころ
 
ごはんはこちらで用意します。

二人で関わっていた現場ですが、相方が長期入院のため、ひとりになりました。
週1回でも入って頂ける方を探しています。

問い合わせは 070-5555-1794 鈴木までさかな猫

2017年01月04日 (水) | 編集 |
明けましておめでとうございます。(^-^)/

年末からなかなかパソコンに向かえずのバタバタ日々を過ごしております。

12月からのやちねこ活動としては、H自治会で10分間お話しさせていただいたり、M区の会長さんに前向きな対応のお願いをしたりしていました。

問い合わせや困りごとの相談は多いのですが、積極的に動きましょうという有志も自治会も出て来ない のが、この活動の難しさで、野良猫を排除するより、トラブルを解決することで共生を呼びかけるこの活動がもたらす魅力を伝えることが課題です。

さて、やちねこ から お願いがあります。
急募 八千代市役所周辺で地域猫活動をして下さる方!

朝の猫のうんち掃除と 夕のごはんです。

いっしょに活動している人がケガをしてしまい、活動できる方を探しています。

仕事の後の毎日のえさやりは睡眠不足を招き、体力的に限界

できるかぎりでいいので、関心のある方はご連絡ください。

よろしくお願いします。070-5555-1794 鈴木
猫ならんでnyann
やっぱり一年のスタートにはこの写真を掲げたい。
彼等の眼差しの先は希望ある世の中じゃ。 飯ではないぞ~


2016年11月23日 (水) | 編集 |
こんばんわ。
今日こそはやちねこの記事をと思いましたが、午後11時近くになってしまいました。
祭日も仕事の私には、地域猫活動の現場と常勤の仕事と、我が家の猫たちの世話やら犬の散歩やらでばたばたとしています。
さて、ブログを更新しないので、「活動は継続しているのか?」との問い合わせに慌てて今に至っています。

多頭飼育崩壊・・・外にいる猫にごはんをあげたら、「家に連れて帰れ」と怒る人たちから逃れるために、1匹また1匹と自宅に連れて行く人がいます。先日の街頭活動でも当事者の方から声を掛けられました。
泣いていました。
今月の千葉県動物愛護推進員の集まる場で、行政に対して「個人で保護するには限界がある。そして、崩壊することもある。行政は犬猫を収容することから、シェルターにすることを考えるべきだ」と意見された方がいました。
心の中で  拍手 しました。
地域猫活動は、外に生きる猫たちが、そこで、その地で生きていける居住権を得ることになります。
地域の住民が管理することで、トラブルを減らし、人と猫とが共生する街づくり活動です。
こそこそごはんをあげることもしなくていいし、自宅に連れ帰る必要もない。猫の被害にも遭ってきた人も安心できる。
よく、時間がかかるとか、理想だとかいう人がいるけれど、否定することは横に置いておきませんか。

話は変わって、八千代市の「地域猫不妊去勢手術助成金」の申請の締め切りが近づいています。
私に相談して下さる電話の向こうの方々には、「地域猫へのすすめ」を伝えてきました。
みなさん、猫を放っておけない気持ちの優しい方たちなので、不妊去勢手術を自腹でするなら、ちょっとがんばって「地域猫」にしませんかと伝えてきました。
うれしい成果もありました。
千葉県に話し合いに行き、大規模河川での「地域猫活動」が認められたことです。
その地で懸命に頑張ってきた方たちの努力が認められたことが、本当によかった。
私は、ずっと何もできなかった。でもこの八千代市の助成金事業をきっかけにやっと力を貸せた気がします。

まだまだ書きたいことはいっぱいありますが、読むほうも疲れるから。
いつも、応援して下さる方がた。お会いしたこともない方も。
この場を借りて、「ありがとうございます。」

yjimage3RMJQRMK.jpg
070-5555-1794
2016年10月13日 (木) | 編集 |
地域猫勉強会のお知らせ
   ~八千代市で受付中の地域猫・不妊去勢手術助成金を利用しませんか?~

10月23日(日) 9:30~12:00八千代台東南公民館  
              <八千代台南1-11-6 八千代台駅から徒歩3分>
          13:30~16:00 八千代台公民館     
              <八千代台西1-8>      

yjimage.jpg お気軽にご参加ください。
                                                  問い合わせ:070-5555-1794 鈴木
2016年10月08日 (土) | 編集 |
先日、八千代市役所に行きました。

Uさんの同行で環境政策室を訪ね、健康福祉課職員も同席のもと、Uさんの要望等を伝えました。熱心に傾聴して下さったと感じました。
その後、公園緑地課へ案内して下さり、Uさんの抱えている問題や要望を伝えました。
問題を「問題」としてとらえるかは、認識の違いがあり、「市民が困っている」。ただそれだけお伝えしたらいいのかもしれません。


困っているんです。
手術した猫の数は100匹くらい。100匹手術しても減らない。
なぜなら、猫を捨てる人が後を絶たないからです。
蹴とばしたり、叩いたりの虐待行為も多いです。
4年間、ひどい有様を見るたび、悲しみや悔しさに何度も胸が押しつぶれる気持ちだったようです。
つらいけど、やめられない。放り出せないからです。
盆も正月もない活動です。
週に1日でもお手伝いできる方はいませんか。運転できる方がいいです。

よろしくお願いします。
        070-5555-1794 鈴木まで
2016年10月07日 (金) | 編集 |
今日はいろんな事してきましたよ。
午前中、月1回の猫飯飼いだし、ホームセンターからスーパー
ヤオコーに、ヤオコーは懐石、シーバがホームセンターより
安い時がある。勿論ヤオコーは人間用の食材も少々買い込んで
きました。
そのまま昼食もとらず美容室へ。秋はいろんなイベントがあるので
少しは見栄え良くスッキリしてきました。

美容室の隣は美容室のオーナーのご両親がしている小鳥屋さん。
商っているものは小鳥、金魚などやそれらのフード等・・・・・、

あれっ、子猫もいたけど???・・・ショウケースからっぽ。
「ねぇ、子猫どうしたの? 売れたの?」
「売るのやめた、自分で手塩に掛けた子は売れない。上の住まいで
遊んでいるよ」だって(^^♪
そう、このお店は猫のブリーダーをはじめたばかりでした。生まれた
子猫はベビーだったか、ジュニアだったか忘れたけどチャンピオンに
なっていました。でも、止めたのですって、売るの(^^♪ (^^♪(^^♪

其のお店にボラさんが保護した子猫の里親募集のチラシ掲示の
お願いをしてきました。
関根さん1
生後3カ月、チャトラの子もいます。親も一緒に保護されました
他にもた~~~くさんいます。
皆様、良いご縁を・・・・・何卒お願い致します。

その後、帰宅途中、疲れたのでベンチで休みながら、某大学の
猫問題の為に3か所に電話。少し方向がつかめた感じ。

疲れ果て夕食を済ませテレビ観ながら転寝。
ハッと目覚めウシ君の画像が届いているのを思い出しました。

過日、行方不明になって皆様にご心配いただいたウシ君の
その後の平和な写真が届きました。
FBのウシ君(小)

アレッ、ウシ君相棒できたのかな?
ウシ君と相棒(小)
その節は本当に有難うございました。皆さまのお気持ちが
今、ここにあります。この幸せな時を下さいまして有難う御座います。






2016年09月07日 (水) | 編集 |
9月1日の広報やちよをご覧になりましたか?

「地域ねこ活動」の記事が出ています。

不妊去勢手術の助成金制度が始まったことは、待ちに待ったことで、とてもとてもうれしいことでした。

今回の記事を書かれた「環境政策室」も意欲に満ちていました。

しかし、申請数が少ないのです。

何が障害でしょうか?

地域猫活動は苦情者であっても、えさやりさんであっても、どなたでも取り組める活動です。

助成金が得られれば、今まで自腹で頑張っていた手術の料金負担が軽減します。

申請用紙は市役所に置いてあります。

申請に関して、わからないことは窓口で聞けば、解決します。

なにも難しいことはありません。

やちねこもサポートさせていただきます。

あなたがえさやりさんなら野良猫たちをれ以上増やしたくないでしょうし、

あなたが被害に遭ってる苦情者であるなら、野良猫たちをこれ以上増やしたくないはず。

つまり、真逆に見える両者の願いは同じなのです。

この助成金制度を利用して、今いる野良猫の数をこれ以上増やさず、地域猫にしませんか。


野良猫写真
問い合わせ:070-5555-1794 鈴木
2016年08月19日 (金) | 編集 |
金曜の夜。
夕食をしながら、録画リストから「岩合光昭の世界ネコ歩き」を見る。
これを見てると、海外の猫たち、番組内では にゃんたち は実に自由奔放。
飼い猫がパトロールと称して、街のあちこちを歩きまわり、カフェで休んだり、レストランの窓辺から中をのぞいても歓迎されていたりする。
このゆるさ、うらやましい。番組づくりの演出かもしれないけど。
いや、そう思いたい。日本の猫はこれを見てストライキを起こしかねない
さて、なかなか書けなかった理由は、全盲のにゃんを保護し、愛ちゃんと名付けたその子が赤ちゃんを3匹生んで私を驚かせ、ばたばたしていました。
これからは譲渡のほうも考えていかねば。ずっといっしょにいたいけど・・・そうもいきません・・・

さて、八千代市の飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用の助成金事業は、申請にハードルが高いのか、周知が足りないのかかんばしくありません。
そこで
9月24日(土)15:00~16:00 八千代市福祉センターにて、助成金を受けたい人を対象に「相談会」をします。
事前予約必要
日程が合わない方は応相談。
070-5555-1794 鈴木

DSC00331.jpg


2016年07月11日 (月) | 編集 |
毎日、眠い。
いつでも眠い。
暑いと眠いですね。明日もきょうみたいに一日中眠くならないために手短に。

「広報やちよ」の7/1号をご覧になりましたか?
「地域猫不妊去勢手術費用の一部を助成します」というタイトルの記事が出ています。
なんのこっちゃ?・・・と思ったあなた、地域にいる野良猫を増やしたくないなら、この制度を利用しましょう。
やちねこはお手伝いしますよ。

これが言いたかった。寝る。

070-5555-1794 鈴木まで