千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2017年09月11日 (月) | 編集 |
今回は、やちねこの会員を求めています!というお願いです。
やちねこはとてもとても小さいグループで、ばんばん活動したくても
人がいないと叶わなかったりしています。
街頭活動、毎月 やっていますが、ほそぼそです。
やちねこに入っても、猫をさわることはありません。
もしもあなたが猫に、野良で生きている猫に何か力を貸したいのなら、
地域猫活動を広める、伝える・・・この活動は遣り甲斐になると思います。
もしもあなたが現場に入って猫にごはんをあげたいのなら、私の現場のお手伝いを一日でもいいから頼みたいです。
以前もこのブログでサポートをお願いしたけれど、誰も来なかった。
できることをしてもらえればそれでいいのです。
私も頼み下手で、自分でやればいいという愚かなところがありますが、
けっこうふうふうものです。
やってもいいよ、という軽いノリでもけっこう。
また、猫の活動を自分なりにしているけれど、これでいいのかと思っていたり、社会に働きかける必要性を感じていたら
連絡してください。一緒によりいい世の中を求めませんか

地域猫活動、八千代市・・・なかなか進まんわい。
ばんばんやっている力強い地域も複数ありますが、新たな地域ができませんねえ。
自分がえさやりして困っているという電話が多いです。
やちねこに猫を引き取ってほしいとの依頼が多いです。
ごめんなさい。譲渡や保護はしていません。
そうですか~と電話を切らないで。
困っている気持ちはわかるし、できることはお手伝いすると言っているのに、電話が終わってしまうと
自分の非力さに直面します。
困っていると大きな声で言って、解決策を探りましょう。
あなたの電話を待ってます。
yjimage3RMJQRMK_20170910220925ef1.jpg
070-5555-1794
2017年09月03日 (日) | 編集 |
ふなねこエムです。
2017年9月3日海神公民館にて、ふなねこの
第20回地域ねこセミナーを開催しました。

今回は、船橋市動物愛護推進議員連盟様
(斉藤和夫会長、川井ようき副会長)と、
city council member

京葉地域獣医師会様(解良会長、桑島副会長)との後援をいただき、
vet.jpg

それぞれの立場からのお話を伺って
今までとは一味違ったセミナーとなりました。

参加者の質問には、獣医師としての立場から
解良先生、桑島先生からのご回答もいただきました。

もちろん、代表清水の地域ねこ活動の説明もありましたよ。
slide1.jpg

参加された皆様、地域ねこ活動をご理解いただけましたでしょうか?
地域によって事情はさまざま。
後半は個別の相談を受け付けました。

~ひとりで悩まないで~
ニャンとかできるよ!のらねこ問題

slide2.jpg

2017年08月31日 (木) | 編集 |
開催日時  平成29年9月17日 12時から16時

開催場所  千葉ポートタワー、ポートパーク(中央区中央港1)

今年も、千葉ねこはブースを設け地域ねこ活動を発信します。
また、クイズに答えて頂けた方には、くじが引けます(=゚ω゚)ノ

1等から5等まであり
残念賞も可愛いグッズを揃えて先着100名様分用意して
お待ちしています。
1等賞の過去の商品はに
1回目は巨大ピカチュウのぬいぐるみ
2回目は妖怪ウオッチのぬいぐるみ
今年は何になるのか、お楽しみに参加して下さい。

おまちしてます(^∇^)ノ
2017年08月20日 (日) | 編集 |
残暑お見舞い申し上げます

・・・というのが恥ずかしくなるくらい涼しい毎日ですね
梅雨らしくない梅雨が明けたと思ったら長雨・・・。
夏らしい暑さもないまま8月も終わりにさしかかろうとしていますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、とっても嬉しい報告がありました
二度、町会の会議に地域猫活動のご説明にあがった習志野市内のある町会で
地域猫活動が正式に認められ、手術費全額を町会費でもってくださることに
なったとご報告をいただき、横尾ともども大変喜んでおります。
猫嫌い、関心がない方、反対される方もいらっしゃいましたが、地域猫活動は愛護活動ではなく、
環境美化活動であり、猫好きな方も猫嫌いな方も、猫もハッピーになれる活動
ということが
伝わったのと何よりご相談主の頑張りの賜物だと思います.゚+.(・∀・)゚+.

ならねこ定例会&猫なんでも相談会
9月16日(土) 15時~17時 @大久保公民館 教室A ※予約不要
お気軽にご相談にお越しください



11月4日(土)に大久保公民館にて
「第13回にゃんにゃんセミナー」を開催します。

な、な、なんとオオオオオッッッ(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」

講師に超スペシャルゲストが!!!


詳細は追ってお知らせいたします

お問い合わせ先
080-6544-6520(池野)
→仕事をしているため、出られない場合があります。ご了承ください

070-6960-4815(横尾)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで、先月に引続き、ボラ仲間さんの譲渡会の宣伝をさせてくださーい(´ω`人)
※ならねこでは預かり、譲渡は行っておりません←ココ大事

1061316_th250.jpg


8月27日(日)開催 「幕張 猫の譲渡会」
千葉市幕張にて、ねこの譲渡会を開催します

参加猫は ブログ「幕張 ねこの譲渡会」https://ameblo.jp/makunekojyoutokai/
こちらに随時掲載していきます。
譲渡会直前の掲載もあり得ますので、随時チェックして下さると嬉しいです。

千葉県内の方だけでは無く、東京、神奈川、他の地域の方もぜひぜひお越し下さい!
(保護主にもよりますが)埼玉、茨城へのお届けも可能です。

*開催日  8月27日(日) 13:00より16:00
*会場    幕張ビーンズペットクリニック
      〒262-0032 千葉市花見川区幕張町5-417-135
      周辺交通機関    JR総武線「幕張」駅より南へ徒歩7分
                JR京葉線「海浜幕張」駅より北へ徒歩11分
                イトーヨーカドー幕張店より東へ徒歩3分
      周辺道路交通網   国道14号/千葉街道「幕張5丁目」交差点を南へ直進
                国道357号「若葉」交差点を北へ直進
                       
駐車場は病院駐車場4台あります。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.m-beans.com/parking.html
その他、三井のリパーク幕張町5丁目  60分200円  12時間最大600円

譲渡会のお問い合わせは「幕張ビーンズペットクリニック」では無く、こちらへお願い致します。
makunekojyoutokai★★★gmail.com   (★★★を@に変えてお送り下さい)
…………………………………………………………………………
当日の猫ちゃんのお渡しはしておりません。

猫ちゃんとのお見合い後、譲渡条件などお話させて頂き、お話がまとまりましたら後日スタッフよりご自宅へのお届けとなります。

飼育環境を確認させて頂き、脱走防止対策の確認と身分証明書のご確認、書類の取り交わしなどがございます。

譲渡会会場でお聞きしていた事と相違があった場合など、猫ちゃんを連れ帰る場合もございますのであらかじめご了承下さい。

未成年の方への譲渡は行っておりません。

単身者の方、ご高齢者の方への譲渡の際は、お届け時に後見人さんにご同席頂き、譲渡契約書に署名捺印をお願いしております。

*譲渡条件*

「終生、愛情を持って家族としてお迎え頂ける方」

「完全室内飼いをお約束頂ける方」

「脱走防止に努めて下さる方」

「万一脱走があった際は必ず捜索に努めて下さる方」

「適切な時期に必ず不妊去勢手術を施して下さる方」

「猫ちゃんが具合が悪くなった時には病院へ連れて行き医療を施して下さる方」

「先住の猫も同様の飼い方をされている方」

「保護時にかかっている医療費の一部のご負担をお願い出来る方」

「メールでの写真付き定期報告が可能な方」

ブログだけでは無く、Facebook、Instagram にも参加ねこちゃんを載せております。


新しい小さな家族と出会いに、ぜひご家族皆様でお越しください!

出来立てホヤホヤの小さな譲渡会ではありますが、スタッフ一同

皆様のご来場を心よりお待ちしております!
2017年08月13日 (日) | 編集 |
all_convert_2.jpg

ふなねこのエムです。

2017年8月7日、船橋市動物愛護推進議員連盟(斉藤和夫会長、川井洋基副会長)と
ふなねこを含む地域ねこ活動ボランティアとの意見交換会が開催されました。

(クリックすると拡大します)
朝日新聞20161005_動物愛護推進議員連盟発足記事 動物愛護推進議員連盟は昨年10月に設立されました。
 市議会レベルでのこうした議連は県内で初めてだそうです。

 意見交換会は、自己紹介、船橋市の実情と課題、
 ボランティアからの要望、質疑応答で終了しました。

 実は議連の方たちの多くは、地域ねこ活動について
 よくご存知ではなかったようです。
 そんななか、最近地域ねこの取り組みを始めた集合住宅の方たちが、
 のらねこの問題にどのように対処していったかを話してくださいました。

 苦情を受ける町会長、捨てられた猫を不憫と思う住民、
 問題を解決したいと思う仲介役の住民。
 それぞれの立場からの話は、地域ねこ活動の効果を
 存分に物語るものでした。

 私は今まで活動をしているなかで、
 ボランティアが一生懸命になればなるほど
 他の多くの方たちは
 「地域ねこは、猫好きがやっているから、私には関係のないこと。」
 と思ってしまっているような気がしていました。
 でもそれは、「その意味を知らない」というだけなのです。

 この意見交換会では、議連の方たちに活動を理解していただけたようです。

request_convert_2.jpg

ボランティアたちの声を、メモを取るなどして熱心に聴いてくださいました。

後日、議連からの市役所宛の要望書を提出してくださることになりました。

このような、市民の声を聴く機会を設けていただいたことに、心より感謝いたします。