千葉県内で地域ねこ活動を推進している団体が集まって運営しているブログです。各団体への連絡先はそれぞれの団体の「旧ブログ」または「HP」に掲載されています。
2017年02月20日 (月) | 編集 |
すみません。長いこと風邪で体調崩しブログもおろそかに
なっていました。ぼちぼち良くなってまいりましたので、次回からは
お知らせなどアップ出来ると思います<(_ _)>


リンコもいろんなことを覚えてきてパソコンの裏で私を待ち構えたり
キーボードの上に寝て邪魔するようになりました。

リンコの手

モニターの右後ろから、手を出し私に遊ぼうと誘導しています。(^^♪
もっと写真あったのですがキーボードにリンコに乗られピクチャー欄が縮小され
わからなくなりました。トホホ・・・・・。
下に降ろされリンコが泣いています。
こちらが泣きたいで~す(/_;)






2017年02月16日 (木) | 編集 |
大募集!!来たれ!協力者さん!

内容:野良猫さんたちのえさやり
場所:八千代市大和田新田の広い駐車場
時間:18時ころ
 
ごはんはこちらで用意します。

二人で関わっていた現場ですが、相方が長期入院のため、ひとりになりました。
週1回でも入って頂ける方を探しています。

問い合わせは 070-5555-1794 鈴木までさかな猫

2017年02月08日 (水) | 編集 |
2月4日にふなばし市民活動フェアでブース出展を行いました。

signboardReduced.jpg


visitorsReduced.jpg

船橋のボランティア団体が、思い思いに趣向を凝らして活動を紹介していました。
ふなねこはパネル展示を行い、訪れた方たちの相談にも対応しました。

PanelReduced.jpg

介助犬のブースもありましたよ。
この写真の子たちのお仕事は介助ではなく広報です。ご苦労さま。

AsistDog.jpg

このようなボランティア団体のフェアは、とても良い啓発の機会です。
さらに、他の団体のボランティアさんとの情報交換もでき、実り多い一日でした。


2017年02月05日 (日) | 編集 |
にゃんにゃんセミナーの時にお子様向けのイベントの企画を
検討して頂いていますと申し上げましたが決定致しました。

手作りランタン教室」です。
ランタンの灯りはLEDランプを使うそうです。
綺麗だし長持ちするし素敵ですねぇ

詳細は習志野市 市民プラザ大久保にお問い合わせくださいませ。

***電話 047-470-8171


第12回にゃんにゃんセミナー

3月19日 日曜日 13:30~16:30
市民プラザ大久保 交流スペース1

今回は千葉県地域ねこ活動連絡協議会の代表と保健所動物担当職員さん、
それに現在、町会主体で地域猫活動に取り組んで下さっている町会の
元町会長さんと地域猫の会の会長さんのお話があります。

とてもご参考になると思いますので何卒おいで下さいませ

また、日にちが近付いたらお知らせ致します。
今日はランタン教室とセミナーの簡単お知らせです。

今日もノラちゃんが多く、胸を痛めている地域の方からお電話を
頂き、「地域猫活動」の趣旨のお話とセミナーのご案内をさせて
頂きました。
しっかりと野良猫問題は地域の環境問題として取り組むことや、
猫による人と人とのトラブルを0にする活動とご理解して頂き
セミナーにもいらして下さるそうです(*^_^*)

春ですしねぇ、ここからも地域猫活動の芽が出てにょきにょきって
育ったらどれだけの猫が幸せになるでしょう。

野良猫は地域社会に受け入れられてこそ、幸せになります。
T(捕獲) N(不妊・去勢手術) R(元にもどす)、既存の餌やり
さんだけでは幸せにはなりません。

飼い主のいない猫が地域社会に受け入れられ陽のあたる場所に、
ゆったりと暮らせますように。

これが、ならねこのせつなる願いです。




2017年01月30日 (月) | 編集 |
平成29年1月28日、
千葉県木更津市で初の地域ねこ活動セミナーが開催されました。
主催は木更津市環境管理課です。


市の主催でセミナーを開催してもらえるよう
粘り強く行政に働きかけたのは、
木更津市在住のちばわん所属の今井さんという方です。

今井さんは市内の町会にも働きかけ、
地域ねこ活動を実際に広めていらっしゃる千葉県動物愛護推進員でもあります。


今後も市内の野良猫問題の解決のためのアドバイザーとして
市と協働しながら、活動を続けていくとおっしゃっていました。
↓↓
今井さんのブログはこちら←ここをクリック



今井さんのような方が居てくだされば、
木更津市行政も市民の方々も心強いですね。


当日どのくらい人が集まるか不安でしたが、
予想を上回る数の方々が参加してくださいました。

20170128_051529000_iOS.jpg

20170128_043958000_iOS.jpg

千葉県地域ねこ活動連絡協議会からは
ふなねこの清水、ちばねこの岩切、ならねこの横尾の3名が、
講師・アドバイザーとして参加させていただきました。


どこの地域でも「野良猫問題」に対する悩みは同じ。


問題の発生の仕方、人間関係などなど様々に見えますが、
どこの地域でもどんな人でも
実は同じような悩みを抱えています。


その解決方法は「野良猫を全頭飼い猫にするか」
「地域ねこ活動を実践すること」しかありません。


野良猫を全頭飼い猫にすることなど、無理な話なのですから
だったら地域ねこ活動をしていきましょう!というワケです。



20161123_061639034_iOS.jpg

セミナーの質疑応答のコーナーで、
相談者さんからこんな質問が寄せられました。


「地域ねこ活動が終わるのって、どのくらい時間がかかりますか?」と。


さて、この「終わり」とは何を指すのか?



世話していた猫が全頭天寿まっとうしたときを「終わり」とするか、
地域のトラブルが解消されたときを「終わり」と捉えるか、
トラブルが軽減されたときを「終わり」と捉えるか。

地域それぞれ「終わり」の捉え方は違うと思いますので、
私達から「それが終わり」とは言えないのです。


毎日活動なさっているボランティアさん達は
「いつ終わるのか、まだ続くのか」という不安を持っていらっしゃるのだと思います。


その不安を軽くするためには、いろんな人に協力してもらう他ないのです。
少しでも多くの人と、悩みや負担を分け合いながら
活動を続けていく他ないのです。


毎日活動なさっているボランティアの皆さん。
雨の日も雪の日もお疲れ様です。


皆さんの負担が少しでも減るよう、
連絡協議会もお手伝いしていきたいと思っています。


県内でセミナーを開催したいと思っている行政さん、
ボランティアさん、ぜひ連絡協議会にご相談ください。


今回のセミナー開催にあたって、
ご尽力いただきました木更津市環境管理課の皆さん、
ちばわんの今井さん、そして市内で活動を実践なさっているMさん、
セミナーに参加してくださった皆様、
本当にお世話になりました。有難うございました。